Z400GP スリーブ入れ替え 3

ちょっと間が空いてしまいましたがZ400GPのスリーブ入れ替えの続きです。
前回はスリーブを入れた所まで終わっていますので今日はシリンダーボーリングの作業です。

DSC02839

タカトリ製のスリーブKITを使用し、ノーマルボア55.0mmから62.50mmにボアアップ。
排気量は620ccになります。

DSC02840

スリーブは圧入すると内径が歪むため再度ボーリングできるようもともと取り代がついています。
各ピストンに合わせボーリングし、ホーニングで指定クリアランスに仕上げます。

DSC02844

最後に飛び出たツバの部分を最小面研して完成です。
程度のいいシリンダーだったため上面と下面で切削量は0.1mmです。片面0.05mmですね。

DSC02846

スリーブのツバ幅がチューニングエンジンって感じの雰囲気が出ています。
各気筒壁はかなり薄くなるのでこのくらいが限界でしょうね。

DSC02845

今回のスリーブ入れ替え費用
シリンダーバレルボーリング 24000円
スリーブ入れ替え 12000円
シリンダーボーリング、ホーニング 30000円
シリンダー上面研磨 5500円
シリンダー下面研磨 5500円

計77000円+TAX

セット工賃でお安くなっております。

DSC02848

Z400GP スリーブ入れ替え 2

こんばんは。今日も切りのいいところまでやっていたら結構いい時間になってしまいました。もうこの時期はストーブが欠かせません。

ブログは前回の続きです。
シリンダーバレルの拡大が済んだらスリーブを入れる前にシリンダーの下面を最小研磨しておきます。

DSC02790

スリーブを入れてしまうと研磨できなくなりますからスリーブ入れ替え時にやっておきたい加工ですね。上下面の平行も出ますのでこの後のボーリングで下穴が傾く事もありません。

DSC02791

これからシリンダーを温めてスリーブを入れていきます。
もともとシリンダースカート部にはオイルが侵入するのを防ぐためOリングが付くようになっていますが今回はOリング溝もそっくり削りとってしまっているため適正な締め代が付くようにしっかりと寸法管理してあります。

DSC02792

シリンダーを充分温めてからプレスで圧入していきます。
緩すぎず、きつ過ぎず、と言った感じです。

DSC02793

圧入後。
ん〜イイねぇ、新品スリーブ!カッコイイ!
カッコイイ?変?

DSC02837

スリーブを入れ替えるとこんな感じでツバの部分がちょこっと出る様になっていますのでヘッド面研が必要になってきます。
とりあえず常温でシリンダーを冷やして1日放置してからボーリング作業に移ります。

DSC02838