日産 L型

 

土日は普通に休日出勤してました。
んーこのまま年末かなあ。

前回の続きP90ヘッド。

面研加工へ行く前に、機械に取付けるツールを製作しています。
フルバック的なヤツ。

 

 

 

 

面研作業は機械のストロークの問題でマシニングでいきます。
その為、普段使う自作刃物をマシニングで取り付けられるようにしました。
本当はもう1加工してカッコ良くなる図面だったけど、この後まだやる事が残っているのでとりあえずこんな感じでね。

 

 

 

 

さあ、やっとこ加工です。
指定量研磨は2.0mm。
P90は前回も書きましたが燃焼室が深いので捨てが多いんですよ。当時(10年前) 3.0mm〜4.0mm位が定番だったかな?

 

 

 

 

Lはですよ、圧縮あげないと全然ダメ。
ノーマルなんてモッサモッサですから。笑

 

 

 

 

完成〜。

 

 

 

 

バルブを取付けてみました。
やっぱビッグバルブは迫力ありますね。

 

 

 

 

この後ポート研磨が残っていますが自分の仕事は此処までです。
ありがとうございました。

 

 

日産 L型

 

懐かしいエンジンが久々に来ました。

L28の後期ヘッドP90です。
前期ヘッドN42より燃焼室が深いタイプです。
作業依頼はビッグバルブに合わせてシートカット+突き出し量合わせ、指定量ヘッド面研です。

 

 

 

 

使用するバルブは亀有製です。

IN 45mm
EX 36.5mm

 

 

 

 

これはシートカット前。

 

 

 

 

でこれがシートカット後です。
如何です?カッコイイでしょ~。

 

 

 

 

シートリングとポートとの繋ぎ目が少し残りました。
もうちょっと追い込めば取りきれますが、指定突き出し量をオーバーしてしまうので此処までです。
あとはポート研磨時にさらってもらうとしましょう。

 

 

 

 

突き出し量の測定にこんなの作りました。
機械にヘッドをセットしたまま加工→測定→加工と効率よく作業できます。
今回はIN、EX共に0.1mm以内で突き出し量を揃えました。

 

 

 

 

次回はヘッド面研です。
ええ、そうです。 久々のL6だから2回にわけます 笑