CBX400F 埼玉 #4

 

 

GW休業のお知らせ。
4/28〜4/31まで通常営業。5/1〜5/6までお休みとさせて頂きます。
作業依頼の受付、相談はtel又はmailで。
求人募集しています。興味のある方はご連絡下さい。

CBX400Fエンジンオーバーホール作業。
少し間が空いてしまいましたが作業は進んでいます。バルブとのガタが大きかったヘッドはバルブガイドを入れ替えてリフレッシュします。元々エンジンブローで入庫しているのでロッカーアーム周りは問答無用で取り外し洗浄。

 

 

CBXのロッカーアームは抜け止めのピンが入っていますがコレを抜き取るのがいつも難儀します。今回はすんなりいってくれました。

何も入っていないヘッドは以外と見た事ない方が多いんじゃないでしょうか?

 

 

バルブガイドはリプレイス品を使用します。
もちろんそのままでは使用出来ない(o/sの為)のでバルブガイド外径、内径を加工し合わせて打ち込みます。
バルブガイド内径が思ったより小さく出来ており、再使用するバルブのステム径に合わせ内径を合わせられるのが良いですね。

 

 

新バルブガイドを焼き嵌め、再度内径をリーマー通ししバルブシートカット。
IN、EX共に当たり幅0.8m。
画像にはありませんがバルブはリフェースして再使用します。最後にヘッド下面を修正研磨。

 

 

CBXに限った話ではありませんが、センターチェーンの4発はほぼと言っていいほどヘッドが反っている事が多いので1発引いてパリッとさせたいですね。

 

CBX400F 埼玉 #2

 

ホームページの容量不足からバグ発生。一時は見れない状態でしたが、なんとか突貫で復帰完了。お騒がせしましたペコリ。

 

週末は、負けられない戦い。の戦利品が届きましたので確認作業をしていました。

 

 

洗浄後、親子ピン径を測定。軽いラッピングでこの通り。

 

 

気になる曲がりはダイヤルゲージ読みで0.01mm。

合格です。

 

 

ピンジャーナルの真円度も崩れなく久々の良品。

 

 

コンロッドは3本付いてきました。3本とも2型用。

 

 

付いていたメタル。

いい感じじゃない?

 

 

あーやっぱり。

 

 

コンロッドも良品です。

 

 

少し前に入手した1型のコンロッド2本と元々エンジンに付いていた2型のコンロッドも並べてみました。元々エンジンに付いていたもう2本は焼き付いてしまい使用不可でしたので、当初使えるかどうかわかりませんでしたが試しに1型を買ってみる事にしました。

 

 

左が1型。右が2型。

小端部の肉付きが違います。

 

 

のと、長さも違います。

 

 

ここからはオマケ。

コンロッド重量を測定しました。

 

 

上の5本2型コンロッドは1gの誤差もなく234g。

小端部の形状が2型と異なる1型は、2型に比べ14gから16g程重いという結果になりました。

測定して分かった事は今まで1型も2型と共通という認識でいましたが、これだけ重量差があるとクランクシャフトのバランスに影響がでるということです。交換するならクランクシャフト、コンロッドを共通にする。またはコンロッド4本を揃えて新たにクランクシャフトのバランスを取り直す必要があるということです。

手に入れた1型コンロッドは使用せず、新たに入手した2型クランクシャフトとコンロッド2本を使用して元々付いていた2型コンロッドを組み合わせれば1基分になります。

なにはともあれコレでCBXのエンジンが進められます。また作業が進みましたらアップします。

 

今日のオッサン

 

いつもお世話になっている業者さんが納品に寄ってくれました。
埼玉からですからね。フットワークの軽い社長さんです。自分も見習わないと。
工場でタコになっていても新しい出会いはありませんからねぇ。
今度はウチが行かないと。30出来たらそれで行くべ。

 

 

Z1000MKⅡ #1

 

当初は車のエンジンをメインにやる予定でいましたが、いつの間にかオートバイのエンジンが集まって来てしまいましたね。うーん。分からないものです。まあ何にせよ、お仕事を頂けるというのは有難い事ですから1台1台キッチリ作業させて頂きます。

 

エンジン単体持込みオーバーホール作業。
腰上は分解されて持ち込まれたので腰下の分解から作業を進めます。
いつ見てもZ系は中身がシンプルですよね。

 

 

 

 

パッと見程度が良さそうでしたので先ずはオイルポンプ。
0.03mmのシクネスゲージが入りません。

 

 

 

 

ボディ側に傷はなく良好な状態と分かりました。
流用できるあの車種も廃番となってしまったのでオイルポンプが使えるだけでテンション上がります。

 

 

 

 

クランクシャフト。
合格クランクではないので曲がりは0.07mm。
1000系の中ではまずまずの当たり。

 

 

 

 

シバきあげる前にコンロッドスラスト量の確認。
1番から4番まで基準値下に入っていました。

 

 

 

 

続いてミッションを分解。
各ギア、ドク共に割れや欠け無しとこちらも良好。
ベアリング、スラストワッシャーは部品持込みですがブッシュ類は廃番ですから製作で対応します。

 

 

 

 

してメインシャフト。
曲がりを測定しています。
0.01mm以下で合格。

 

 

 

 

カウンターシャフト。
曲がり0.04mm。
残念ながら使用不可。部品供給は有りませんのでこちらは中古部品待ちとなります。

 

 

 

 

このMKIIは1度塗装に出しますので加工作業は塗装が上がって来てからとなります。
塗装はセラコートでいくので楽しみにしていて下さい。

 

 

 

 

あーそうそう。シリンダースタッドも抜き取っておきました。
ボルトを折らずに取るのが美徳ですから。(笑)

 

組立作業に取り掛かるのはまだ先になりそうですが、腰上まで組立てる予定でいますからこれから楽しみです。
腰上、腰下のみのオーバーホール作業も受付ています。気になる方はご連絡下さい。

 

 

今日のオッサン

 

普段からお世話になっている協力会社がお仕事の納品に寄ってくれました。
この時代の日産車はカッコイイですね。こういうの見るとモチベーション上がります。

 

 

 

 

そういや、今手伝ってもらっている協力会社のLメカさんは箱スカでしたね?
そろそろウチらも本腰入れてLに火入れませんか?
やっちゃうオッサン。技術のオッサンで行かないと。(笑)

 

 

新規設備導入

 

今日は夕方から機械搬入でした。
昨年に発注していたバルブリフェーサー。イタリア製です。
いつか入れ替えようと思っていたのですが、消費税増税が決まったのでタイミングは今かなといったところです。
そうそう。設備入れ替えをすると決まってトラブルに見舞われるのがウチの定番となっています。
今日は大安とバッチリ決め込むも機械を積んでる搬送車がオーバーヒートしたというトラブルがありました。無事に帰れたかな?(笑)

 

 

無題

 

無いと困る専用機のツールを作りました。
正確には協力会社さんに作ってもらった。です。
ほんの数本だけ頼むのはわるいなあ。と躊躇してましたが、どうにもこうにも動けないのでお願いしました。

 

 

 

 

なので、面倒なここのカットは自分でフライスしました。

 

 

 

 

お陰様で何とか明日になる前には終わりそうです。

時には各専門のプロの力を借りて1台1台魂込めて皆さんのエンジンを再生している静岡の内燃機屋です。

 

 

新規設備導入

 

年末の連休で終わる予定でいた空調工事は。すったもんだした末年越して本日完了しました。
お金を生む設備投資なら超が付く位前向きなんですけど、会社の利益に直結しない設備投資って正直悩みに悩みます。
空調入れるくらいなら前から欲しかったアレやコレなんかも買える!そしたらあんな加工も楽チンだわ!とつい考えてしまいます。だけど〜、やっぱり年間通して安定した加工精度が欲しいし、測定するにも工場内の気温が一定じゃないとなんか不安だし。って事で余裕なんか全くないけど頑張っちゃいました。

 

 

 

 

18時で室温20.5°Cなら合格です。
ただし、ここまで室温上げるのに1時間位かかりました。
タイマー機能が付いているのでその辺を設定すれば解決できそうですね。

 

 

2019

 

新年明けましておめでとう御座います。
本年もよろしくお願いします。1/5から営業致します。

 

そして昨年から変わらず求人募集しています。希望2名。
機械加工経験者だと非常に助かるのですがこのご時世ですから贅沢言ってられませんので未経験者でもOK。
詳細はブログのカテゴリーにある求人募集で閲覧出来ます。

 

 

 

 

さあて休み中はオンボロZでもやりますかー。

 

 

2018 終

 

27日で会社は休みですが大掃除と工場工事もあって出勤しています。

今年も1年間ヒマなく忙しくさせて頂きありがたい限りです。既に来年のお仕事も頂いたりして年始早々から飛ばしていけそうです。
それと、休み明けはイヤってくらい作業が集中するので、作業依頼を予定されている方は今のウチに準備して頂けると助かります。ペコリ。
それではよいお年を。

あ、今週残業20時間して終わらせた一部作業をまとめてアップしておきます。