HD ショベル 長崎

 

作業依頼の多いハーレーですが、今年も早々に集まってきています。
お陰様で昨年は12月を前にヘッドだけで100基越え到達!その中の8割がショベルとパンヘッドですから中々です。
それとちょっとした自慢なんですが、手直しや不具合といった事例が昨年は1基も無かった事ですかね。コレが何より1番嬉しい。今年も気を引き締めて頑張らないと。

年末に預かりましたショベルも無事に完成。
バルブガイド入れ替え バルブシートカット擦り合わせ ヘッド下面修正面研 バルブスプリング組付け。

 

 

 

 

 

 

 

 

ステムシールはバイトンタイプキブルホワイト製を使用します。
スプリングロアカラーはそれに合わせ追加工してあります。このヘッド見た目は後期ですが、バルブ周りは前期という珍品。

 

 

 

 

うん。コレはリップが変形していますね。
あ、これ自分が取り付け時に失敗したヤツじゃないですよ。新品です。コレが海外製品の怖いところ。もう自分は慣れっこなのでゴミ箱にポイです。

 

 

 

 

バルブスプリング取り付けへ。
先ほど言いました通りこのヘッドはバルブ周りが前期でスプリングロアカラーの座繰り加工がされています。
バルブ突き出し量だけの判断は少し不安なのでセット長からスプリング圧を確認しておきます。

 

 

 

 

座繰り加工が適当なのか?F、Rでセット長はバラ付いていますが、各ヘッドのIN、EXではほぼ揃っています。スプリングは以前交換されていると聞いていたのでセット圧もIN、EXで揃っています。
セット圧も問題ないと判断できましたのでヘッドに組付けて完成です。

 

 

 

 

大丈夫だろう。で組んだエンジンは火を入れる時に不安でしかたないですから。
何事も確認作業が大事かな。

 

 

HDショベル

 

凄いの来ました。アルミの塊から削り出しのビレッドヘッドです。
こういうのは趣味関係なくついつい見入ってしまいますね。フルマシニング加工です。

 

 

 

 

燃焼室 、マニの取り付けなんかはEVOになってる。
ポートに至っては入り口から燃焼室まで全てマシニング。5軸でグリングリン回して削るんでしょうけど、もうわけわからん動きなんでしょうね〜。きっと。

 

 

 

 

いや〜カッコイイです!ご馳走様でした!ウチだとアレなんで持って帰って下さい。
とはいかないんですねー。汗

 

 

HDショベル 岐阜

 

今月はハーレーが集中してきます。まぁ偶々なんだろうけど、何だろ?タイミングですかね。
部品発注もコレまた大量でして、分解洗浄計測とここ2、3日ずっと地味な仕事してまして、バリバリ加工したいとこなんですけどこればかりは仕方ないか。

 

取り敢えず2基。

 

 

燃焼室、ポート内とカーボン除去後にガイド入れ替えてシートカット。
もう定番すぎておもんないですかね。

 

 

バルブの突き出し量を計測したりー。

 

 

スプリング圧の点検と。

 

 

結構平気でヘタってるから気をつけないと。

 

 

シリンダーボーリング作業も完了。

ありがとうございました。

 

HD 49FL& SHOVEL

 

新年早々新規の業者さんから作業依頼です。気合い入れていきます!

ヘッドオーバーホールの基本はガイド入れ替えですね。
単純に入れ替えと言っても下準備がキモでしてカーボンを噛み込まないようにブラスト処理したり、ヘッドの温度を○○○度まで上げてから抜き取るようにと結構気を使ってやってます。

画像は抜き取ったバルブガイド。こんな感じだと下孔の状態が◎。

 

 

ガイド下孔径に合わせて市販品のガイド外径を加工。ガイド内径は使用するバルブステム径に合わせて加工。どちらも1/100mm単位の嵌め合いですから気は抜けませんね。

画像はシートカット中。

 

 

バルブは再利用する為リフェース。

 

 

シートカット擦り合わせ後はこんな感じ。
ガイドの抜き取り具合でココの仕上がりが決まります。

 

 

そんな感じにお得意様のショベルを同時進行。

 

 

来た時よりも美しく。

 

 

どちらもステムシール仕様。
ショベルの方はスプリングロアカラー追加工して完成です。

 

HD ショベル 愛知

 

先週だったか?ショベルのバルブ周りをオーバーホールしてました。

 

 

上の写真でチラっと見えてました54FLも同時進行。

 

 

完成〜。

 

 

54FLもシートカットへ進みました。

 

 

ショベルに戻ります。
バルブスプリングロアカラー追加工。

 

 

パッと見後期ヘッドですが、バルブガイドのツバが座る部分は前期。

 

 

ライトケース メインベアリングレース内径を研磨修正。

 

 

加工前。

 

 

加工後。

 

 

内径が荒れている。というよりオーバーサイズのベアリングに合わせてクリアランス調整が主となります。

 

 
ケースに仮組して変に引っ掛かりが無いか確認したら完成です。

 

HDショベル

 

先週のショベル。ダイジェストで。

先ずは新潟からバルブ周りの作業依頼。
抜き取ったバルブガイド。右2本排気側なんですけど…コレだと~。

 

 

下孔がダメなパターン。縦傷を修正せずそのままガイド打ち替えると、傷に沿ってオイルが燃焼室に入り込みオイル下がりと同じ症状になります。なので、しっかり修正しておきます。

 

 

真円且つ縦傷が取りきれるまで専用冶具にセットしてリーマーで拡大修正。
たらば、支給品バルブガイドのトップ加工、外径合わせと内径合わせ。
ガイド材によってヘッドとの嵌め代、バルブステムのクリアランスも通常の鋳鉄材と違います。
この辺をしっかり見極めてクリアランス調整しないと耐久性はガクンと落ちます。

 

 

 

 

元々使用していたバルブの状態が悪いため、シートカットまでしてバトンタッチ。

 

 

お次は愛知からバルブ周りの作業。
ガイドの形状と下孔径から推測しますと初めての入れ替えかな?

 

 

シートカットは1度されてるみたい。
シートカット後のバルブ突き出し量も規定値と。

 

 

ステムシール仕様に変更の為、ロアカラーの追加工。

 

 

んで、ハーレーのバルブステムシールについて。
うちで使用するステムシールはキブルホワイトのバイトンタイプです。前期と後期で2種類ありますが前期タイプで全て統一しています。別のステムシールを使用したい場合やシールレスにしたい場合は作業指示書に明記してもらえれば対応する感じです。

 

 

お次は兵庫から。ヘッド修正研磨と画像にないけどシリンダー上面修正研磨。
いつもありがとうございます。ペコリ。

 

 

まだまだいきます地元静岡。シリンダーボーリング作業。
持ち込みトルクプレートでも全然OKです。

 

 

リア側チョイ残ですが問題ナシと判断しまして完成。

その他画像ナシですが各方面の皆様ありがとうございました。

 

HDショベル 愛知

 

えーと、たまにはアップしますよ。ハーレーネタ。
の前にお知らせ。8/10〜8/15まで夏期休暇となりますのでよろしくお願いします。

 

先週はショベルのヘッドをせっせと進めていました。

 

 

ブラスト処理して旧ガイドを抜き取りますが、ガイド破れ、クラック、ボス欠け と中々の状態。
恐る恐るヘッドを温めて抜き取るとこんな感じに〜。やたらと締め代がきつかったのもわかります。

 

 

下孔がグズグズのままガイドを打ち込むとヘッド側が傷みますし、縦傷に沿ってオイルが燃焼室に入り込む為よくありません。
ということで散々やり込んでますガイド下孔リーマー修正。専用治具にセットし機械加工仕上げ。

 

 

此方は神奈川から持ち込みのエンジン。
アクロバティックな修理は…一旦置いといて、F側 排気ガイド下孔の修正。リーマー修正では対応出来ないほど傷んでいます。

 

 

ボーリングで傷が取りきれるまで拡大修正。
と、書くのは簡単ですけど、ちょっとでも角度がズレるとエライ事になります。できれば避けたい加工修理の1つ。

 

 

忙しい間に工場設備に使用するまんじゅうを削り出し。
当初は凝った形状にする予定が、いつの間にかコレでおさまりましたとさ。

 

HDショベル 愛知

 

今月も沢山やりました。ショベルのヘッドワーク。
10基までは数えていましたがそのあとは数えるのヤメました(汗)

 

 

ブラスト当ててしまったので少し分かりづらいですが、燃焼室からヘッドボルト穴までデトネーションによる溶解がみられます。溶けてない箇所も指で触ると歪んでいるのがハッキリと分かります。
と あれこれ言うのもこの位にして作業へ進みます。

 

 

で、今回はYAG溶接で盛ってみました。
ヘッドとボルト鋳込みの境ギリギリまでしっかりと溶け込んでます。ココはアルゴンで盛ってもいいんですが仕上りがイマイチになるので正直あまり進んでやりたくないです。境目がどうしても沸いてしまうので…。
コレなら文句ナシにいいですよ。

 

 

後は通常のバルブ周りの作業。
ガイド入れ替え ガイド外径内径加工 ガイドトップ加工 からシートカット の順に進みます。
簡単に書いてますけど、かーなりはしょってます。
それとよく聞かれるのがロッカーのところに書いてる数字。コレ、ガイドの下穴寸法です。自分が間違えないように書いているだけですのであまり神経質にならないで下さい(笑)

 

 

サラサラサラとシートカット。
バルブ突き出し量も規定値内に入っています。

 

 

そして最終工程の面研後。
完全には歪箇所を取り切っていませんがこれなら大丈夫でしょう。

 

 

GWも近いしもう一がんばりです。
ありがとうございました。

 

HDショベル 和歌山

 

やっと着手できました。
腰下作業が部品待ちで止まったため腰上の点検へ。
ベアリングは1度入れ替えられているのか、ガタも良好でした。そしてタペットとタペットガイドのクリアランスも規定値内に収まっていたため洗浄して終了。

 

 

続いてロッカー周り。
現状のロッカーシャフトとブッシュのクリアランスは0.15mmから0.20mm。
規定値を越え摩耗が進んでいたため入れ替え。

 

 

ブッシュ圧入後専用リーマーで加工した後、ホーニング盤を使用してクリアランスまで研磨し合わせていきます。ロッカーシャフトとブッシュのクリアランスは0.03mmに。

 

 

元々シムレスでしたので1度はオーバーホールされてるようです。
スラスト調整も前者の調整がバッチリの為目玉のOリングを交換して終了。

 

 

今回ヘッドは触るつもりなかったのですが、カーボン付いたまま組み付けるのはちょっとね〜。という事で掃除してたら排気側はこんな感じになってました。ガイド割れてます。危ない危ない。

 

 

したらば入れ替えの準備。折角なので排気2本入れ替えます。
左 抜き取ったガイド。右 製作ガイド。
結構回すお客さんでしたので排気側てのも考慮してアルミ青銅で。

 

 

ガイド入れ替え後シートカットすり合わせ。バルブは4本リフェースしました。
うん。やっぱコレかなぁ!レーシングしてます!

 

 

どんどんいきます。バルブ突き出し量とセット調及びバルブスプリング圧の確認。
4箇所大きなバラ付きがないように組み合わせていきます。

 

 

ステムシールは市販されている1200用のバイトンタイプです。
と伝える予定だった画像ですけど全然分かりませんね。

 

 

そんな感じで借り乗せですが完成。
当初頼まれていたシリンダーのボーリング作業もできたので発送です。

 

続きます。

 

現在従業員募集しています。詳細はお問い合わせ下さい。

HDショベル 長崎 #1

 

今日は暖かったですねぇ。静岡市内は日中20℃くらい?作業はしやすいです。

 

ショベルの腰上作業。
ガイド入れ替え後、シートリング製作。

 

 

ヘッドを温め先ほど製作したリングを焼き嵌めます。
ヘッドとの嵌め代はもちろん、突き出し量を幾つにするか寸法管理が大切です。

 

 

で、シートカット。
規定値まで追い込んで突き出し量を4箇所揃えます。

 

 

バルブをセットすると燃焼室に少しせり出す感じになりますね。
あくまで目安程度ですがリングにバルブが潜ってるようなヘッドは規定値量をオーバーしている事が多いです。

 

 

ステムシールを打ち込んで完成ですけど、1340に1200のステムシールを使えるようにガイドトップを加工するようにしました。
単純に部品注文するのが面倒なだけ。とも言う。

 

 

バルブはフェース研磨して再利用しましたので荒れていたステムエンドも研磨して納品です。

続きます。

 

従業員募集しています。詳細はお問い合わせ下さい。