CBX400F 徳島

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

CBX400F腰下スポット作業。
腰下マルで預かりましたが作業的にはクランクシャフトとコンロッドのメタル合わせ、ミッションOHです。
クランクケース洗浄後ボルト孔のタップ立て。上下のクランクケースメインベアリング周りはバリ取りと面取りを実施。

 

 

ひたすら計測計測です。

 

 

クランクケースは1度仮組みしてメインのハウジングを計測。
プラスチゲージの潰れっぷりはOKなのにクランクシャフトが手で回せないほど重いような場合はクランクシャフトの曲がりかクランクケースのメインハウジングが歪んでいるかのどちらかになります。メインハウジング内径が歪んで真円が崩れている場合この時点で修正を掛けます。

 

 

クランクシャフトの曲がりは0.02mm。
今回曲がり修正はナシ。

 

 

プラスチでも一応確認しています。一応ね。
ただの癖だけどやるとやらないとでは気持ち的なところが違うんですよね。

 

 

ミッションは非分解箇所を含め全バラにする事でベアリングは全て交換可能です。一部リプレイスものを使用しています。

 

 

あとはクラッチ周りとチェーンを組み込めば腰下は完成ですね。

 

 

腰上、腰下のみの分解組み付け作業も受付ています。興味のある方はご連絡下さい。

 

CBX400F 埼玉 #7 

 

 

 

CBX400F エンジンオーバーホール作業。
エンジン始動前にリクエストの電装関係をリフレッシュ。
ステーターコイル ダイナモローターはリビルド品。ブラシ ブラシホルダー レギュレーター バッテリーは新品に交換しました。
その他にクラッチワイヤー、スロットルワイヤーも交換。重かったスロットルもパシパシきます。ワイヤーの取り回しで随分と変わりますからね。

 

 

いよいよ始動という場面でセルモーターの回転が重い。プラグを取り付けると圧縮が掛かりウンともスンとも言いません。これでは火が入らないので分解してみるとブラシが割れていたのとオイルでゲロゲロ。

 

アレコレと手を尽くしましたが、シャフトに曲がりが出ていましたのでリビルド品に交換。
これならと始動を試みるも今度はセルが空回転します。通常の逆回転で回っている?ゴソゴソ調べるも結局リビルド品の不良だったので交換して貰いあっさり始動。やれやれ。

 

始動後はお決まりのキャブ調。エンジンオーバーホールすると以前のセッティングでは合わないので調整を行いますが、どうにもそのままでは調整出来そうになかったので、追加でキャブレターの分解と部品洗浄組立。取り敢えず普通に走る範囲で部品交換しました。再度車体に取り付けて同調取ります。

アイドリングも安定して吹け上がりもいい感じ。CBXっぽくなりましたよ〜。

 

CBX400F 埼玉 #6

 

 

 

GW休業のお知らせ。
4/28〜4/31まで通常営業。5/1〜5/6までお休みとさせて頂きます。
作業依頼の受付、相談はtel又はmailで。
求人募集しています。興味のある方はご連絡下さい。

CBX400Fエンジンオーバーホール作業。

シリンダーまで組んだら車体に積みます。

 

 

ヘッドは加工作業が完了しているのでロッカー周りとバルブ周りを組み付けていきます。

 

 

ロッカーアームシャフト径とロッカーアーム内径の測定。
ロッカーアームシャフトはC面取りとラッピング。画像は加工前です。

 

 

II型と言えば中空カムシャフトです。
曲がりは0でしたが線傷が結構酷かったのでコレも測定後にラッピング。

 

 

 

 

普段はエンジン単体が殆どですから車体に載せるのは慣れませんね。
取り敢えず火入れと試乗出来るまでやっていきます。

 

CBX400F 埼玉 #5

 

 

 

GW休業のお知らせ。
4/28〜4/31まで通常営業。5/1〜5/6までお休みとさせて頂きます。
作業依頼の受付、相談はtel又はmailで。
求人募集しています。興味のある方はご連絡下さい。

CBX400Fエンジンオーバーホール作業。

シリンダーはコンロッドが暴れて傷だらけでしたが、深い傷は入っていませんでしたので0.5mmo/sでボーリング。
ピストンはTKRJ。付属するリングはリケンです。

 

 

シリンダー上面は最小で修正研磨。

 

 

ボーリング後はピストン組み付け準備。
ピストン、リング共にバリ取りと角取りを入念にし、リング合口隙間の計測をします。
TOP、2ndとも0.2mm以下で今回も優秀。リケンはハズレませんね。

 

 

腰下組み付け準備。
基本的に部品供給のある消耗部品は交換していきます。
クラッチハブベアリング交換。

 

 

オイルポンプは部品供給がないのとI型とII型でポンプが全然違うのでOリング類のみ交換。
マニュアルの規定値内には収まってはいますが、できるなら新品に交換したい部品です。国産旧車のオートバイに限っては特定の車種しか新品オイルポンプが出回っていませんので仕方ないかな。

 

 

ミッション。
非分解部分を含むベアリング類、スラストワッシャーは総交換。
一部部品供給があるブッシングは入れ替え。

 

 

純正部品に設定のない部品も交換。
リプレイス部品ですけどありがたいです。

 

 

一気に組み上げます。

 

 

あーコレコレ。ホンダのエンジンって感じ。

 

CBX400F 埼玉 #3

 

 

 

CBX400Fエンジンオーバーホール作業。

メーカー欠品していた部品がようやく入って来ましたので作業再開。
塗装は早々に上がって来ていたのでブラスト残り除去、ネジ孔タップ立ても済んで段取りOK。

ルンルンでクランクケースハウジング内径を測定しようと締め上げたらズルっと逝きました。丸印。

 

 

ダメなモノはダメなので修理します。
加工治具もこの機会に新調しました。

 

 

シリンダースタッドが邪魔なんですよね。
これでギリ逃げてます。

 

 

ヘリサート修理です。
孔芯も垂直度もこれなら安心です。ちゃんと正確に加工が出来ていないと最悪ハウジング内径が歪んで芯円が崩れますから。くれぐれもDIYでやらないように!

 

 

はいはい〜と。メタル合わせの確認作業です。
ボアゲージで測定してますから間違いはないですが、一応プラスチでも確認しています。
二度手間だろ〜。なんて言われてもいいんです。ここはたっぷり時間使っていいとこだから(笑)

 

 

親子完了。コンロッドサイドスラスト量もバッチリOKでした。

続きます。

 

CBX400F 埼玉 #2

 

ホームページの容量不足からバグ発生。一時は見れない状態でしたが、なんとか突貫で復帰完了。お騒がせしましたペコリ。

 

週末は、負けられない戦い。の戦利品が届きましたので確認作業をしていました。

 

 

洗浄後、親子ピン径を測定。軽いラッピングでこの通り。

 

 

気になる曲がりはダイヤルゲージ読みで0.01mm。

合格です。

 

 

ピンジャーナルの真円度も崩れなく久々の良品。

 

 

コンロッドは3本付いてきました。3本とも2型用。

 

 

付いていたメタル。

いい感じじゃない?

 

 

あーやっぱり。

 

 

コンロッドも良品です。

 

 

少し前に入手した1型のコンロッド2本と元々エンジンに付いていた2型のコンロッドも並べてみました。元々エンジンに付いていたもう2本は焼き付いてしまい使用不可でしたので、当初使えるかどうかわかりませんでしたが試しに1型を買ってみる事にしました。

 

 

左が1型。右が2型。

小端部の肉付きが違います。

 

 

のと、長さも違います。

 

 

ここからはオマケ。

コンロッド重量を測定しました。

 

 

上の5本2型コンロッドは1gの誤差もなく234g。

小端部の形状が2型と異なる1型は、2型に比べ14gから16g程重いという結果になりました。

測定して分かった事は今まで1型も2型と共通という認識でいましたが、これだけ重量差があるとクランクシャフトのバランスに影響がでるということです。交換するならクランクシャフト、コンロッドを共通にする。またはコンロッド4本を揃えて新たにクランクシャフトのバランスを取り直す必要があるということです。

手に入れた1型コンロッドは使用せず、新たに入手した2型クランクシャフトとコンロッド2本を使用して元々付いていた2型コンロッドを組み合わせれば1基分になります。

なにはともあれコレでCBXのエンジンが進められます。また作業が進みましたらアップします。

 

CBX400F 埼玉

 

ここのとこ車両持込みでのオーバーホール依頼が何件か重なり予約制にしました。
以前は持込みだと加工作業の仕事量次第で断っていましたが、断り続けるというのも心苦しい所でして、新人君も入ったし、Lメカとコンビでやっちゃうおっさん2人と新人君の3人で今年1年チャレンジしていこうという感じです。興味のある方はご連絡下さい。

 

CBX400Fのエンジンオーバーホール依頼。
エンジンブローしているので始動確認は出来ませんが、充電系統に不良がありそうなお話をちらっとお聞きしたのでエンジンを触る前に確認しておきます。

 

 

 

 

バッテリー→レギュレーター→ジェネレーターと確認していき、無事に犯人を確保。
ジェネレーターの抵抗値ですがマニュアルには載ってないのね。
ところでブラシは新品ででるかえ?

 

 

 

 

ココが割れてる車両ってソコソコ多いです。やりたくないけど溶接で何とかなる部分。
一応画像で残しておきます。

 

 

 

 

エンジンを分解していきます。
ブローした原因が何処かしらありますのでバルブタイミングを確認しておきます。

 

 

 

 

じぇじぇじぇ!
画像で判断できるのはピストン抱きつき位ですが、実際にコンロッドを縦方向に振ってみると焼き付いてる事が確認できます。

 

 

 

 

オイルパンには焼き付いたメタルが粉々に…。あこれ、ダメなヤツだわ。
よくメタルが焼き付いた事をメタルが流れると言うけど、正にそんな感じです。

 

 

 

 

クランクシャフトを摘出。
コンロッドピンジャーナルは一回り小さくなっていました。

 

 

 

 

焼き付いた子メタルは超薄々に。
ここまで逝くと結構前からいい音してたんじゃない?

 

 

 

 

焼き付いたコンロッド。

 

 

 

 

この状態でピストンが首振れません。
コンロッド、クランクシャフト、オイルポンプは部品供給がありませんから中古良品で探すしかないですね。
CBXは部品供給少ないし2コ1で組む位の覚悟ないと本当の意味でオーバーホールはキビシイです。

国産旧車全般に言える事は部品供給がある内に純正部品を買い漁る事です。
オークションで当時物パーツなんかに銭落としている時間は無いのだよ。

 

 

CBX400F 神奈川

 

CBX400Fのシリンダーライナー入れ替え作業。

ショップさんオリジナルのシリンダーライナーです。
作っているのは別で榎本さんとこですね。自分がまだ小さい工場?ほったて小屋?で仕事していた頃、1度挨拶に来てくれた。もう3年前かな。

今年もお世話になりました。ペコリ。

 

 

 

 

旧ライナーを抜き取りバレル内径と新品ライナー外径を計測して嵌め代を確認しています。
緩くてもキツくても駄目なとこ。

 

 

 

 

焼き嵌めました。
嵌め代は純正ちょいプラス気味でいい感じ。

 

 

 

 

ただ、シリンダーライナー内径の仕上げが粗く、そのままだと芯拾えないから一旦ホーニング研磨してからボーリングしていきます。

 

 

 

 

使用するピストンはTKRJ製。STDサイズ。
リケン製のリングが付属します。

 

 

 

 

ボーリングホーニング後。

 

 

 

 

ライナーツバ飛び出し部を最小面研して完成です。

 

 

CBX400F 茨城 #last

 

ウチは年末モード全開です。
やっぱこの時期は忙しいですね。毎日エンジン届くし。送ってる量の方が明らか少ない…。
まあアレですよ、今1人だから。手がね。2つしかないから。しょうがないです。求人募集してます。いい人いない?

 

今日でCBX400Fの作業は最後。

バルブはカーボン除去し、ステム径と曲がりを計測。
再使用でいける為バルブフェースとステムエンドを研磨しました。

 

 

 

 

バルブガイドは打ち替えずバルブシートの当たりをシートカットで修正。
排気側は熱変形し易いのでバルブとの密着がわるくなります。それを擦り合わせだけ。ってのはちょっとね。

コレでOKです。 カット後の当たり幅 0.8mm。

 

 

 

 

画像を撮り忘れたので以前の使い回し。
腰上は加工作業のみの為ここで作業完了です。

ありがとうございました。

 

 

CBX400F 茨城 #3

 

CBX400F腰上編。
AエンジンのシリンダーはTKRJ製の0.25mmO/Sピストンでボーリングします。

 

 

 

 

ボーリング加工前にシリンダー上面を修正面研磨しました。 ちょっとそのままではボーリング出来ないくらいの歪でしたので。 研磨量0.18mm。

そこから下面基準にシリンダーボーリング。

 

 

 

 

ピストンに付属するリングはリケン製。
気になります合口隙間は0.3mmシクネスゲージ入りません。0.25mmで引きずりましたので合格です。

これなら問題ありません?

 

 

 

 

Bエンジンのシリンダー。
中古純正STDサイズピストンとのクリアランスはもっとも広い箇所で0.07mm。

 

 

 

 

ホーニング目のクロスハッチは見事に無くなりツルツル。

 

 

 

 

このシリンダーには純正STDサイズのリングを使用します。因みにリケン製。
合口隙間は0.25mmのシクネスゲージが入らず0.2mmが入りましたので合格。

ピストンクリアランスがメーカー指定値内に収まってさえいればリング合口隙間の寸法はそれほど大きく変化しません。
圧縮はここで決まりますから、ボーリング時のピストンクリアランスをコレでもかと攻めても期待するほどの変化は起きないと自分は思います。

 

 

 

ピストンピンはどちらもDLCコーティングしました。

期待に応えてくれるといいなあ。