トライアンフ

 

今年に入ってから英車もジワジワと依頼が増えてきました。

 

旧ガイド抜き取りガイド下孔計測。やけに緩かった排気側2箇所は下孔が縦キズだらけでしたのでリーマーで修正。
画像に映ってる縦キズは測定の時のモノですから突かないように笑

 

 

元孔から0.05mm大きくなった排気側は支給されたバルブガイドだと嵌め代が確保できませんでしたので単品製作。
材質はアルミ青銅。 材料高いけど好んで使ってます。

 

 

吸気側は支給品を加工して使用。
そしてガイド圧入は焼き嵌めます。

 

 

ガイド焼き嵌め後、再度ガイド内径をリーマー通し。
使用するバルブステム径に対しクリアランスを調整しますが、ガイドの材質によってこの数値も変わります。
ので、0.01mm単位で何本もリーマーを持っています。

 

 

 

 

最後にガイド内径をホーニング仕上げして完成。
ほぼ毎日やってますけど出来立てホヤホヤのヘッドはガタもなくて気持ちいいんですよ。

 

 

シリンダーボーリング作業も。

 

 
無事に完了です。
少し取り残りましたが、計測器では反応しないレベルなのでコレでOKとします。

 

トライアンフ 茨城

トライアンフのヘッド。
ヘッドとガイドの嵌め合いが適正でなかったり 真円が出ていない状態で打ち込まれますと下穴がぐずります。
リーマーで修正する域を超えていましたので1度大きく拡大して真円に修正。

P6200484

1本ガイド製作して残りは支給されたガイドで打ち替えシートカット。
無事に納まりました。打ち込むまで結構ドキドキなんですよ。

P7040551

シリンダーもボーリングして完成。

今週もあっという間です。雑務に追われて余り作業は進みませんでしたが来週からは加工に専念できそうです。

P7040553

Triumph ブッシュ入れ替え

急ぎでやって欲しい加工依頼に目処がついたためこちらも進めていきます。というよりかだいぶ前に納品済みなんですけどね。
トライアンフのミッションメインシャフトギアのブッシュ入れ替え作業です。
一番左のモノ新規で入れ替えるブッシュ。そのとなりが抜き取ったブッシュです。

DSC01317

大したことではありませんが、ブッシュ入れ替え作業って妙に緊張するんだよなぁ。

DSC01316

んで、完成。
メインシャフトとのクリアランスもまあまあなとこにきているのでOKです。
ボーリングして、ホーニングが基本ですが、既製品のブッシュのためボーリングする取り代がありません。(汗)
オイル溝が切ってあるブッシュのため最悪焼きつきには至らないと思いますが、ホーニングしたい所ですよね。
しかし、クリアランスはうーん。無理。ブッシュの外径もそうですが内径の寸法にも気を使って購入をお勧めします。

DSC01320