TX650 ライナー入れ替え 2

前回はライナーのつば加工までいきましたのでライナーを入れる前にシリンダーの下面を研磨しておきます。
ライナーが入っていると研磨できませんからね。

DSC01744

上面の歪ほどではありませんが、下面も何十年とボルトで締め付けられたうえに熱による膨張、収縮により歪がでてきます。
ライナー入れ替え時にはやっておきたいメニューです。

DSC01745

下面の研磨が終わったらライナーを圧入します。
元々入っていたライナーは締め代があまかったため、0.07mmほど締め代がつくようにバレルをボーリングしてあります。
一日じっくりと歪ませてからボーリング作業です。あわくってボーリングするとせっかくの芯円が崩れますからね~。
慌てず、確実にやる事が近道です。

DSC01746

そうそうライナー入れ替えたらこんな感じでつばが飛び出ているので上面研磨は必ず必要になります。
抜いて入れてボーリング。と簡単に考えている方が多いようですが、いろいろとやる事は多いですよ。手間を省けば単純に短命なエンジンになりますから。

DSC01747

今回使用するピストンです。
縦方向に表面処理がされています。

DSC01761

じっくり歪ませてからシリンダー下面を基準にボーリング。
すでに上面は最小研磨済みです。

DSC01760

ホーニング仕上げ中。
真夏や真冬に比べてこの時期は温度管理が楽なので非常にやりやすいです。
気温が2℃かわればシリンダーゲージも動きますからね。

DSC01763

完成です。
指定クリアランス0.05mmで仕上げてあります。

DSC01765

パンチの効いたツインって感じでしょうか?

DSC01767

車両の完成が楽しみです。おやっさんパリッと仕上げましたよ!

DSC01768

TX650 ライナー入れ替え

もう週末ですね。昨日は夕方からフレンズでCBXのエンジンと格闘していました。
あーでもない、こーでもない、なんてやりながら結局夜中までかかっちゃいました(汗)
自分ははじめ遊びのつもりだったんだけど、やりはじめると止まらくなっちゃうんですよね。
あとは社長に煮詰めてもらうことにします。(笑)

では作業報告。TX650のシリンダーライナー入れ替えです。
75πのピストンですが今回80πにボアアップするためライナーを新規で入れ替えます。

DSC01724

左が入れ替える新規のライナーで右が抜き取ったライナーです。
抜き取ってる最中に旧友が工場に来ていて、顔が?になっていましたがこれが私の仕事です。
ちゃんとお勉強しましょうねM君。

DSC01727

新規のライナーに合わせシリンダーバレルを拡大する前に色々と計測しておきます。
この後、セットが逆になってる事にきずいて最初からやり直しするはめに(汗)

DSC01737

セットに手間取りましたが無事にシリンダーバレルをボーリングしたところです。
新規のライナーに合わせ締め代がつくようにボーリング済みです。

DSC01739

ライナーのツバの部分ですが新規のライナーに合わせて拡大すると座繰りの部分がむしれる形になるためライナーを加工します。

DSC01740

この部分ね。

DSC01741

ライナー入れ替えでいつもすんなりいかないのはなんでかな?(笑)
まぁそんなこんなでライナー入れ替えは手間かかるんですよ。

DSC01743