RZ350R シリンダーボーリング

静岡県の掛川から個人のお客様から加工依頼。
RZ350Rのシリンダーボーリングと上面の最小研磨です。
画像みて、あれ?と思う人もいるかもしれませんね。シリンダーは純正ではなく他車種のシリンダーです。ほぼポン付けできるようです。

DSC02467

加工前のシリンダーはこんな感じ。
縦傷が目立ちますね。
これからパリッと仕上げていきますよ。

DSC02468

ボーリング前の下準備中。
シリンダー下面を基準に垂直に加工できるようダイヤル当てて計測しています。
芯円、円直も必要ですが、クランクに対し垂直に加工するかがシリンダーの寿命を左右します。

DSC02469

ボーリング加工が終わればポートのバリ取りです。
画像はバリ取り後の画像。
2サイクルのシリンダーは4サイクルのシリンダーに比べ寿命が短いですが、ポート内のバリ取りだけでも随分と変わってくると思います。
リューターでバリ取りをしていくのですが、ボーリングは終わっているので非常に神経つかいながらの作業になります。
傷つけたらオシャカですからね。

DSC00018

仕上げのホーニング。
やっぱうまく撮れないんだよな~。

DSC00019

シリンダーの上面も最小研磨し完成。
2サイクルのボーリング仕上げですが、お客様の要望がなければ通常ホーニングは中粗仕上げです。
もちろん細目でも仕上げる事もできます。 

ピストンの画像を撮ったつもりでしたが消してしまったかな?まぁそんなときもあります。
ありがとうございました。CBXの依頼も待ってますよ!(笑)

DSC02476

RZ350R ボーリング

業者様からのボーリング依頼です。
RZ350のシリンダーですが懐かしい!自分も10代の時に乗っていました。初期型のRZ250に350のエンジン積んでユーゾーチャンバー入れて。下なんかスッカスカで上で回して走るエンジンでしたね。

DSC01973

そんな思い入れのあるRZですが、依頼品のシリンダーはこんな感じ。
抱きつきを起こしていますのでボーリングです。

DSC01975

ピストンはオーナー拘り?の物を使用します。

DSC01981

0.25オーバーサイズからあるようですが、シリンダーの縦傷の具合から0.5オーバーサイズで今回はいきます。

DSC01982

飛んで飛んでボーリング後。
ホーニングの前にポートにできたバリを除去しています。
2ストのシリンダーって4ストに比べると寿命が短いですからバリ取りひとつでだいぶ変わってくると思います。

DSC01976

ホーニング後はこんな感じ。
ホーニング目は4ストに比べると少し粗めに。シリンダーのクリアランスはピストンメーカー指定値に仕上げてあります。
バリ取りもOK。組み上がるのが楽しみです。
ありがとうございました。

DSC01980