GS1000 愛知

 

業務連絡。明日 12/4、12/5の2日間、私用の為休業致します。

GS1000のリビルド作業。

 

 

pb240400

 

 

先ずは計測。
ホーニングのみでいけるか。それともボーリングが必要か。際どいクリアランスだと以外に判断が難しくなります。

 

 

pb240401

 

 

今回はそこそこクロスハッチも残っていたため、クリアランスは余り広げずにサビだけ落とす感じでサラっと仕上げ。

 

 

pb250423

 

 

オーダーにあった上面修正面研してシリンダーの作業は完了。

 

 

pb250422

 

 

ヘッドの作業へ。
ガイドのガタは良好でしたのでこのまますり合わせではイマイチですよね。

 

 

pb240403

 

 

吸気側は、まぁいいとして。排気側はカーボン噛み込みが激しいです。
このままゴリゴリとすり合わせしていけば当たりはいつかでますけど?ここはサラっとシートカットしましょう。

 

 

pb240404

 

 

バルブは排気側のみフェース研磨しました。
左はフェース研磨後。右は研磨前。

 

 

pb240406

 

 

サラサラとシートカット。

 

 

pb250407

 

 

ヘッド下面もサラっと修正面研して完成。
GSのヘッドとシリンダーって、何故か分かりませんが排気側が歪みます。
これ400も一緒なんですよ。不思議です。

皆さんよい週末を。

 

 

pb250418

GS1000 ヘッドオーバーホール

大量のボーリング仕事を請けたため一昨日から丸一日ひたすらボーリングしています。
そのちょっと前に頂きました、GS1000のヘッドオーバーホール依頼。

DSC01933

オイル下がりしているようでポートは湿っています。
燃焼室もカーボンだらけでバルブシートの当たり面も荒れています。

DSC01934

ヘッドのオーバーホールの基本はガイド入れ替えです。
まずは徹底して洗浄。
その後、ヘッドを温めてガイドを抜いていきます。
常温で抜くと取り返しのつかない事になるので注意です。

DSC01935

新たに使用するバルブガイドは、業者様支給品のオーバーサイズを加工して使用します。
kibblewhite社製で材質はアルミ青銅。

DSC01936

ガイド穴に対ししっかりと締め代をつくようにガイドを加工したら焼き嵌めてレッドチェック。

DSC01938

一日置いてリークチェックがOKなら、バルブシートカットしていきます。
シートカットがうまくいくかいかないかは、ガイド入れ替え時にきまりますのでファーストカットはドキドキです。

DSC01939

バルブガイドがシートリングのセンターにきていると加工も最小でいけるので非常に楽です。
カット後。バルブ当たり面がわかりやすいように光明丹を付けました。

DSC01949

バルブのすり合わせをして完成です。
ありがとうございました。

DSC01950