CB400F 腰上OH

白煙を吐くエンジンはオイル上がりかオイル下がりと相場は決まっています。
オイル下がりはステムシールの不良、劣化、またはバルブガイドの摩耗です。
バルブガイドは消耗品ですからオーバーホール時は入れ替えが鉄則。
ということでヘッドを温めて古いバルブガイドを抜き取ります。

DSC03896

バルブガイドを抜いたらガイド穴を計測。
うまくガイドを抜き取るとガイド穴を傷めずにスムーズに作業は進みます。

DSC03897

計測が終わったらガイド穴に合わせて支給されたバルブガイドを加工していきます。
HONDAのエンジンはバルブガイドの内径と外径が仕上がっていませんのでヘッドに合わせて加工する必要があるんですよ。

DSC03895

バルブガイドの入れ替えが終わりシートカットに移るところです。
画像は吸気側のシートカット前。
かなりベタ当たりになっていますね。2.0mm以上あります。

DSC03900

カット後。当たり幅は0.8mmです。
バルブの角度が各気筒で変わっているHONDAのエンジンはややこしいです。

DSC03901

排気側はベタ当たりの虫食いで酷い状態。

DSC03902

カット後はこんな感じ。
これでも当たり幅は1.0mmに合わせています。
シートリングがものすごく硬くて加工しずらいのね。

DSC03903

バルブの擦り合わせをして完成です。

DSC03906

画像だとピストンの頭の数字と置いてる位置が左右逆になっちゃってイマイチな感じですが(笑)中身はパリっと仕上がっています!

ありがとうございました。

DSC03904

CB400F 腰上OH

昨日は名古屋に出掛けていました。天気もよくダットサンも快調だったためリフレッシュできました。たまにはいいですよね。

今日から仕事モードです。CB400Fの腰上オーバーホール依頼。

DSC03887

シリンダーは十分仕事した状態ですね。

DSC03889

支給された1.0mmオーバーサイズピストンに合わせてボーリングしていきます。

DSC03890

シリンダー下面からボーリングするため傾きをチェック。
平行度はバッチリと出ていました。シムを入れずに加工できます。

DSC03892

シリンダー下面がクランクに対し垂直になっているのを確認したらボーリング。

DSC03893

ホーニングで指定のピストンクリアランス0.04mmまで拡大して完成です。

次回はヘッドの作業です。

DSC03907