なんとか・・・。

今週の日曜日がイベントのため、週末恒例のデボネア板金作業は急ピッチでした。
悪友の大工を助っ人によび、オーナーが重い腰をあげて参戦。T君と私含め4名で挑みました。
サフェが終わってるとこを研ぎつつ、サフェが入っていない箇所を養生し、組み付けなどを分担し、なんとか形にはなりました。

DSC00398

アメリカ的なカスタムを楽しむならガンは一度持ってみたいものです。
てか、やるべきです。
実際に体験することで、簡単そうにみえていたものの価値観などかわります。

DSC00400

大工がガンを片手にT君に教わりながら吹いております。
青空ブースのため、ペンライト片手です。

DSC00397

この光景なんか、アメリカっぽくていいな。
みんなでわいわいやって一台仕上げる感じ。

DSC00401

サフェの車はうちの工場に自然とマッチするのが不思議。

DSC00410

誇らしげで御座います。

DSC00409

デボネア 板金

だいぶ過ごしやすい気温になって作業もはかどります。
週末恒例のデボネア板金作業ですが、先週は、雨のため思った以上に作業が進まなかったため、
お盆に私がやりました作業をアップ致します。
がっつりと溶接で歪んだピラー部分をワッシャーにて引き出します。
画像はすでに、引き出し済みです。

DSC00341

いい感じまでいきました。

DSC00342

上からのアングル。
プレスラインを睨んで。

DSC00344

逆側もがっつりイっています。

DSC00345

見事キレイにでてきました。

DSC00347

別アングルです。

DSC00349

パテ。

DSC00350

パテ。

DSC00352

パテ。
だいぶなれました。
日曜日にT君が仕上げまで持っていく予定でしたが、雨なんでまで途中です。
そして、いろいろと考えていました、加工用の刃物などの製作を少しずつやっていきたいと思います。
とりあえず、今ある仕事をかたさなければいけないので、加工中の画像はへりますが、よろしくお願いします。

DSC00353

週末恒例

お盆期間に進めておきたいデボネア。
T君が、休みにも関わらず手伝いにきてくれました。
フェンダーとドアにサフェを入れていきます。

DSC00313

アシ付け、養生なんかも以外に時間がかかり、二人作業でやるには、一日でやれる範囲がかぎられてしまいます。
それでも、ひたすら暑い中もくもくと作業をこなします。

限られた場所、時間、工具、それにかかる費用、等、言い出せばきりがありませんが、なければないなりにやらなければいけません。
当社は、ボディーショップではないので。

DSC00312

手間暇かけた分、サフェですが、キレイです。
もちろんT君の腕のおかげですが。

DSC00311

後半は、コンプレッサーの調子が悪くて、だましだまし、吹いていました。
真っ暗な状態でT君は、ペンライトとガン両手に吹いていました。
すごいわ。

DSC00322

DSC00321

DSC00326

DSC00327

DSC00328

デボネア スムージング

週末恒例の板金作業です。
もちろんT君も参戦して、二人でひたすら盛っては研ぎの地道な作業になります。
現在ボディの進行状況は着々とゴールに向かっております。

DSC00196

前回の塗装の下地処理が悪く苦戦しながらも前に進んでおります。

DSC00197

キレイです。

DSC00198

来週は、サフェを吹く予定で進めていきます。
二人の士気も高まっております。

DSC00199

来週までにやらなければいけない重い作業。
うまくでてくれることを祈ります。

DSC00200

デボネア パテ研ぎ

週末恒例となっているデボネアのスムージング。
だいぶ面がでたところで一旦サフェ入れて様子見です。
T君が、がんばったフェンダー。キレイです。

DSC00170

業者様がなかなかアップで撮らないとこもみせます。

DSC00171

大分いいとこまできました。

DSC00172

アップでいきます。

DSC00173

こちらも。
サフェ入れると、見えない部分が、見えてきます。

DSC00174

明日からは、また内燃機の仕事をすすめていきたいと思います。
T君、早く機械加工覚えてバイトで来てね。

助っ人は職人

日曜日に、デボネアの板金作業を手伝いにT君がきてくれました。
今は、ディーラーで腕をふるってる本職です。整備士の資格もあり、クラウンのチョップトップも
経験済み等、頼りになる助っ人です。
旋盤を教える条件で板金を手伝ってもらいます。
話もそうそうに、昼から夜までぶっとうしで、パテ盛り、削り、の繰り返し。
ひたすらストレートボディを目指します。

DSC00124

パテ付けもさすがです。
いろいろと学びながらひたすら面をだしていきます。
しかし、T君の手のひらの感覚はすざましい。
機械加工は、指先で10μ程度のダンチを感知できますが、板金は手のひらなので
こればっかは、経験が必要です。私は、ひたすらボディをなでて、全神経を手のひらに集中させます。

DSC00125

荒の状態でこのクオリティー。
プレスラインに注目。

DSC00126  

パテなのにキレイです。
T君、道は長いですが、よろしくお願いします。
旋盤も、基礎からみっちり教えますんで。

そして、業者様からフライホイールがどっさり届きました。
面研と、軽量加工です。後日アップします。

DSC00129

metalwork

開業準備で何かとバタバタしていますが、デボネアのほぼフルkustomの依頼がありましたので並行して作業して行きます。

20130424-000406.jpg
ドアノブ、モール類はフルシェイブします。

20130424-000818.jpg
この手の車はモール穴から雨水が侵入して、内張り剥がしたらグサグサなんてことは多々あります。長く乗りたいとオーナーの希望によりロウ付けで埋めていきます。
ウインカーの穴もシェイブ!こちらはtig溶接で仮留め。

20130424-003730.jpg
チューブグリルも製作しています。その他にも多々作りモノがありますが頑張っていいモノを作りたいと思います。