CB250EX

CB250納車後です。
下から上までスムーズにまわります。
180度クランクが奏でる音と鼓動は、一度聴いたらヤミツキでございます。

CB250エクスポート

CBの配線加工?修理です。
ウィンカー、ホーンの配線が全く違うところについていたため、正しく繋げてOK。

DSC00069

問題のヘッドライトで悩んでいましたが、もともとついていたセレン(整流器)が怪しいため、アールプロさんから
でているレクチを取り付けました。バッテリーを充電したらテスターにて確認して様子を見てみます。
これで解決して欲しいです。

DSC00070 

NEW機械です。安田のシリンダーボーリングマシンです。
探しはじめて二年、やっと手に入れました。
中古機械の入札会でもなかなかお目にかかれないほど生存率の低いマシンです。

DSC00065

1965年製、ボーリング加工のみしかできない不器用なマシンですが、
ハーレーやSR、なんかのシリンダーをボーリングするのに威力を発揮致します。

DSC00067

古い機械ですが、メンテナンスさえしっかりやってやれば機械精度はそんなに狂いません。
見た目はつかいこまれていますが、主軸の振れは1/100以下です。
精密すぎる昭和の機械は内燃機屋の必需品です。

DSC00075

cb250エクスポート キャブレター

工作機械の整備、試運転も終わり、工場のほうも落ち着いてきました。
kustom依頼の車輌を製作しながらcb250エクスポートの整備を進めていきます。
キャブレターのフロートのみの修理依頼です。もちろん純正部品は欠品、個人のお客様が、
中古パーツ持ち込みでのオーバーホールだったのですが、まさかのフロートのみ欠品、
仕方なく某オークションにて状態がいいであろうモノをゲットし、パーツが届いたので点検していきます。

20130502-231802.jpg

中古パーツのため、念入りに状態をチェックしていきます。ピンホール、クラックがあると、
そこからガソリンがフロート内に入り油面がくるってオーバーフローしますのでしつこいくらいチェックします。実際にガソリンに沈めガソリンが入り混んでいないか確認したら組み付けに入ります。