トヨタ 4AG

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

 

4AGヘッド修正面研の作業が完了。
そんな事よりだ。持ち込んでくれた専門学生さん、卒業したら騙されたと思ってウチに来なさい。(笑)

 

 

そうそう。友達誘ってさ。
アレ?前もこんな事書いてたなあ。

 

マツダ B6

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

 

B6 BPのシリンダーボーリング作業。
2基は納品済み。追加のブロックも本日納品しました。

 

 

ピストンはプロショップさんオリジナルのマーレー製。
B6 BPとラインナップされています。

 

 

BPはブロック上面最小研磨しました。
研磨量 0.09mm。

 

神奈川

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

 

えー、作業依頼が集中しているのか?作業ペースが遅いのか?よくわかりませんがバタバタを越えてピリピリムードです。
解ってはいるけれどなかなかね。やっぱりあれだ。誰か良い人ウチに来ませんかね?

普段は面倒なのでやんわりと断る感じですが。リピートさんからの依頼なのでね。
カスタムのお手伝いです。機械加工なんて贅沢すぎる!と言ってあげて下さい。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MG #4

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

昨晩の台風被害はありませんでしたので朝から通常通りお仕事出来ました。

 

MGエンジンオーバーホール作業。
部品待ちで少し止まっていましたがある程度形になりました。
ノーマルロッカーアームから持込みのローラーロッカーアームへの変更ですが、そのまま取り付けるとアジャストボルトが目一杯となりバルブクリアランスが確保できなかったので、ロッカーアームベースに3.0mmのスペーサーをかませてバルブクリアランスを確保しました。 次にロッカーアーム比がノーマルとは異なるため(バルブリフト量が増える)ピストンとバルブの確認作業。やり方は色々とありますが今回はかーなりアナログなやり方です。

 

 

ピストンとバルブの接触がない事を確認して組立。
バルブクリアランスはIN、EXともマニュアルの0.3mmに合わせました。

一気にチューニングっぽくなりますね。無理くりな感じですがカッコイイです。

 

 

1.0mmと2.0mmのスペーサーを組み合わせてます。ノーマルヘッドだとポン付けなのかもしれませんがヘッドが変わっているのでそれも分かりません。1.0mm抜いてもいいかもだけどーこれでも調整範囲はギリギリですね。

 

 

ただこの位置関係だとちょっとアレですね。まあ、ノーマルには直ぐに戻せるので取り敢えず様子見。
そうそう。組み替えても位置だけ同じようにズレるだけなのでペケ。

 

 

本来はシングルチェーンですが年式と排気量でダブルチェーンになり、テンショナーも付くようです。
この辺はminiのA型とほぼ一緒ですが、miniの部品は使える所と使えない所があるので注意ですね。今回もminiの部品が混ざっていてエラい苦労してここまできました。

 

 

あとはメインとカムのスプロケの位置関係。本来はギア同士の面がツラになるようですが上手くはいきませんねー。
スペーサーを作りましたがこの位置でチェーンとボルト頭の隙間が1.0mmあるかないかだし。どうすっかな。

 

マツダ B6

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

 

静岡は明日から台風の影響が出そうですね。朝工場行ってちゃっちゃと帰宅する予定です。

2番吸気バルブシートとの密着不良による圧縮漏れ。
16箇所バルブシートカット擦り合わせしました。

 

 

 

 

最後にヘッド下面を修正面研して完了。

 

K6A

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

休出して面研祭り。

 

 

9月に入りましたけど今月もバタバタします。てか、しています…。

 

無題

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

 

先日オークションでクランクシャフトを落札した件。
ストア購入した商品でしたが来て見てビックリ。クランクシャフトは梱包もせず裸のままダンボールに入っていました。(オイルまみれ)。とりあえずダンボールも潰れていたので運送中に破損していないか確認して見ていると明らかに程度がわるいんですよ。アレ?こんな傷あったかな?ってね。で、オークションの画像と現物を照らし合わせて見るとバランス取りの穴位置が全然違う。そう。別物を送りつけられたんです。すぐさまストアの方に連絡して現状を報告すると速攻でゲロった。返金には応じるとは言ったがその後まだ話ているにも関わらずガチャ切り。どんなクソ会社かホームページ見てみたが、カワサキZ系を主に輸入販売しているらしい。こんなとこから高価な旧車オートバイは絶対買ってはいけない。これ以上被害者が増える前にとっとと廃業して下さい。

オークションと警察には詐欺で通報しておきました。

 

 

ささ、今日も朝から準備です。
そう。L20です。ハコスカ、ブルーバード系に載っている前溜まりのブロックです。これから製作する2.6L用のベースエンジン。丸の方はオーナーさん不在なので募集中です。都合が合えばエンジン積み下ろしからキャブ調まで可能です。興味のある方はご連絡下さい。

 

MG2 #3

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

MGエンジンオーバーホール続き。
クランクシャフトの曲がりを0.01mm以内に修正してメタルクリアランスの確認。

そうそう。3ベアリングなんですよ。

 

 

サイドメタルも新品に交換しましたのでスラスト量をダイヤルゲージで確認しています。

 

 

うん。いい感じ。

 

 

お次はヘッド。
ダントン製のチューニングヘッドをバルブ周りをリフレッシュして使用します。
画像はバルブガイドを入れ替えバルブシートカットまで作業が済んだ状態です。この後、下面を修正面研して組上げます。

 

 

こんな感じです。
バルブは新品を使用します。ミニと比べると燃焼室は狭い感じがするのですが、どうなんでしょ?
ポートも作り込まれているので楽しみです。

 

 

もともとステムシールが付かないタイプのヘッドですが、サーキットより街乗りがメインなのでステムシールを使用します。ローラーロッカーを組み込む予定でいるのでこの辺りもこの後確認が必要になりますね。

 

 

バルブスプリングはイスキー製の強化スプリングを使用します。

細かいところはまだ手が入りそうですが大まかなところはほぼ完成です。
あとはバラバラの部品を検品して組み立ての準備をしていきますが、なんせ初めて触るエンジンなのと持ち込まれた状態が全バラだったので組上がるまで時間を取られそうです。

 

MG #2

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

先ずはお知らせから。
現在工場内大変混み合っている状態です。作業依頼の受付は通常加工修理のみとさせて頂きます。加工作業の納期はおおよそ2週間から3週間ほどとなります。(前後する場合あり)
それと、溶接が絡む作業、ジグから新規で製作する加工作業については9月末まで受付出来ませんのでご了解のほどよろしくお願いします。

 

ということで、随分とブログにあげていなかったMGですが、現在はもうあと少しの所まできています。オーナーさんは何度も足を運んでいるので進行状況の説明はいりませんね。

 

 

コンロッド小端部ブッシュを抜き取り新規で製作。使用するピンに合わせてフルフロー加工です。

 

 

ブッシュ内はホーニングしオイル溜まりとなるようクロスハッチ仕上げ。

 

 

ピストンリングの合口隙間を計測してからピストン、リングともにバリ取りとエッジ処理。本来ならばリングは5本となるところですがセミチューンエンジンの為4本に変更。コンロッドメタルはアンダーサイズのものを新品で使用します。

 

 

ブロック側カムメタルの入れ替え。
割メタル+オイル穴。コレ、マジで泣けます。3箇所とも外径内径とオイル穴位置が違うので抜き挿し用のジグを6コ作り対応しました。

 

 

OHVなのでカムシャフトは下。

 

 

真ん中が狙い辛いです。というかメタルを圧入する時オイル穴位置を見たくても見えない。
旧メタルを抜き取る前に切り欠き部にマーキングしたので何とかうまくいったけども…。
タペットホールは点錆びが浮いていたので軽く錆び取り程度にラッピングしました。

 

 

んで、メタル合わせ前にメインハウジングの計測です。

続きます。

 

Z1000MKII

 

以前エンジン単体でオーバーホールしたMKIIが白煙トラブルで入庫。
オーバーホール直後は白煙が出ていなかったのと、オーナーさん自身で1度バルブステムシールを交換したが変化ナシという事なので、今回は車両ごと預かりました。先ずはエンジンを始動させ現状確認します。キャブの燃調がかなり濃い状態だったようで始動に手こずりましたが、エンジン始動出来る程度にキャブの調整して難なく始動。始動後エンジンが少し温まってくると白煙と黒煙が確認出来ました。もう少しキャブを煮詰めてからでもよかったとは思いましたが、圧縮を測ると2番だけ数値が極端に低かったので画像の状態に。ピストンには傷もなくあたりすら付いてないキレイな状態が確認できました。リングも手に取った感じでは特に異常がある感じはありません。

 

 

念には念を入れヘッドのバルブ周りをレッドチェックします。バルブガイドの入れ換え作業時には必ずレッドチェックして納品しています。おかげで手直しなんてここ何年もやっていないから正直自信はあるけど、人が作業していますから万が一って事も考えられます。

 

 

ヘッドを温めて1日放置。

 

 

問題なさそうです。
という事でお次はシリンダーです。

 

 

ぱっと見ボーリング仕立てのシリンダー。ウチでやっているので当然ですね。
オーバーホール後600kmほど走行した状態です。

 

 

縦傷1つありません。これなら文句無しの状態ですね。
丁寧な慣らしのおかげかなあ?キャブはダメだけど。

 

 

スカート付近にほんの少しあたりが付いています。

 

 

見た目だけで判断するのはお粗末なので見落としがないよう入念に計測します。

 

 

結果はボーリング時との寸法変化は5μとなりました。
分かりやすくすると5/1000mm。エンジン加工作業には特に問題がない結果です。

 

 

となるとやっぱアレかな?カワサキあるあるのプロショップさん泣かせのやつ。今の所思い当たるのはその位です。
画像はペーパーウエスで拭き取った状態のピストンです。カーボンが付いていないんです?おかしいでしょ。