L20改2.6L

 

連投L20改ラスト。

バルタイ(バルブタイミング)を振るのに基準となるのが正確なピストントップ出し。計測の仕方、考え方は色々とあるので此処では省略。ピストントップが正確に毎回同じ位置に来ればどんなやり方だろうがいいと思います。

 

 

ヘッドを載せる前に単体でバルブリフト量を計測します。1番のみロッカーアームを組んで計算したリフト量と実際のリフト量を比べます。カムシャフトはノーマルをベースに加工した通称加工ハイカム。今回は74度。その為バルブスプリングは9000rpm対応の強化スプリングに交換。カムリフト量は8.3mmなのでロッカーアーム比と合わせるとバルブリフト量は計算上12.08mmです。加工カムの場合ベース円が小さくなるのでロッカーアームの角度が変わります。調整の仕方はロッカーガイドシムの厚みで対応します。

 

 

ヘッド単体でバルブがピストンにヒットしないことを確認出来たら本組。ヘッドを載せ先にバルブクリアランスを調整します。IN、EX0.2mmで調整したらお待ちかねのバルタイ調整。これもやり方は人それぞれ。今回は1.0mmリフト法で計測します。カムプロフィールがよく分からないカムシャフトを使う場合などは中心角を調べるのですが、加工カムの中心角は105度と分かっているのでそれに合わせていくだけですから何ら難しくありません。

 

 

そう。ピストントップを指す位置を動かさなければね。アレだけ触るなよ。って言ったべ?
正直に言いますと。ええ。自分やらかしました。(汗) はい。やり直しです。

 

 

んでアレコレしてこんな感じに。
IN105度 EX106度。スライドカムスプロケはバチっと来ますね。

 

 

完成〜。
オイルポンプは強化品。ポイントからフルトラに。他細かい部品は現車から降ろしたエンジンのモノを後から取り付けます。タペットカバーは結晶塗装。 ヘッド、フロントカバーはウェットブラスト仕上げ。ブロックはセラコート日産ブルー 。そしてオーナーさんのリクエスト拘り日産ボルト風でビシキマです。タペットカバーがブラックだと締まりますね。

 

 

近々ヨンメリに載せるのでまた動画が撮れたらアップします。
月末からもう1基作り始めますので興味のある方はご連絡下さい。

うん。ポカ含めて楽しめました!

 

L20改2.6L

 

前回の続き。

メタル選定の計測結果スタンダードサイズでOKとなりました。(当然が新品です。)要望があればニスモメタルでの組み付けも可能です。
エンジン組立前にネジ穴全てタップ通し。からの徹底洗浄です。ヘッド、ブロックは再ペイント時にサンドブラスト処理していますので、もうこれでもかと言うくらい根気よく洗浄します。

 

 

クランクシャフトの刻印P3040はもうご存知かと思いますL28です。
曲がり修正後、ジャーナルラッピング。言わなきゃわからないけど、クランクウェブもワイヤー当ててキレイにしました。

 

 

L24OEMピストンをコンロッドにドッキング。ノーマルなので圧入タイプ。
要望があればピストン変更(コンロッドフルフロー加工とオイル穴追加が別途必要)も可能です。

 

 

ピストン、ピストンリングのバリ取りはもう当たり前なのですっ飛ばし。リングギャップの確認です。
ガバチン寄りかと思っていたらいいとこきてホッとしました。

 

 

ささ、組んでいきます。
自動車のエンジンはやってます感がでるねー。

 

 

ピストンはブロック面ではなく飛び出ます。
はい。結構なヤンチャ仕様となっています。(爆)

 

L20改2.6L

 

L20改続き。
バルブ周りはシートカット擦り合わせ。バルブは再利用する為フェース研磨しました。
使用するカムシャフトはノーマル加工カムの為突き出し量を合わせてセット。

 

 

これだけ長いヘッドなので下面は修正を目的に一皮剥きます。
L20は元々ハート型燃焼室なので加工が入るとこれはこれでカッコイイですね。L24かL28のバルブを使って吸気側だけビッグバルブ化も面白そうです。

 

 

ピストンはL24の83mmOEM。形はまんまノーマルです。
ただバルブリセスが切られているので都合がいいです。ブロックはダミーヘッドを使用してこのピストンに合わせてボーリング済み。

 

 

加工完了後徹底洗浄してからメタル合わせの下準備。
計測計測計測です。
ブロックのエンジンマウント部を使って横向きでスタンドにかけれる用にしないと計測もいちいち大変ですな。次回までの宿題にします。

 

 

まだまだ計測。
L28クランクシャフトを使用。事前に曲がり修正を行い仕上げにラッピング。
曲がりが酷すぎるクランクシャフトは使用せず、修正で0.02mmまで可能なクランクシャフトで組み上げます。

 

 

個人的にどうしてもやりたかったノーマルコンロッドのフル機械軽量加工。
去年加工した2基分の内の1基分を使用します。

 

 

いつ見てもカッコイイです。
ノーマルコンロッドに見えませんよね?超軽量です。(爆)

 

 

うーん。まだまだ続く計測作業。
地味だけど時間掛けてもいい部分なのでじっくりと煮詰めていきます。

 

L20改2.6L

 

少し前にL20改の問い合わせがきたので仕様内容を詳しく紹介していこうと思います。
L20ヘッドにL28マニガスケットを合わせてみました。随分ズレこんでいるのが一目で分かるかと思います。排気量が2Lから2.6Lに上がるのと圧縮比も必然的に上がるのでノーマルポートをL28の36mmに拡大します。

 

 

ノーマルポート径30mmから36mmに拡大したところです。ここだけ見るとL20っぽくないですね。
入り口から30mm付近まで36mmそこからスロート手前まで34mmで絞っています。仕上げは#240。費用対効果を考えると#240で十分といった感じ。それでもここまで拡大するとなると結構な時間が掛かりますからね。

 

 

ノーマルポートのヘッドと並べてみました。
上が拡大した36mmポートで下がノーマル30mmポートです。意外と迫力あるでしょ?

 

 

ノーマルポートのヘッドはこれから販売用に製作します。今は少し加工が混雑しているので月末辺りから作り始めます。

 

 

最後にL28マニガスケットを合わせた状態。
インスタにもアップしているので興味のある方は覗いて見て下さい。

 

L20改2.4L

 

知り合いのエンジン。L20改2.4Lです。
83mmピストンを使用してコンロッド、クランクシャフトはL24を使用します。
ピストンは亀有製の鍛造。クランクシャフトは元々L28改2.8L用に用意していたL24クランクがあり、コンロッドは自分のストックが有ったのでL20ブロックを用意するだけで事足りました。(安っ)

 

 

純正ピストンと比べるとかーなり軽いっス。
オートバイのピストンとさほど変わらないんじゃないかなあ。

 

 

インスタにあげたのがそう。
ダミーヘッドホーニング。ボーリングでは無いです。
ぶっちゃけどっちでも最終加工行程が一緒なので変わりません。

 

 

ヘッドはL20じゃなくてL24のE88を使用します。(イーパッパなっ)
コレも自分の私物。吸気バルブシートの沈み込みがちょっとアレだったので序でにビッグバルブ化です。元々のバルブシートを抜き取りL28純正サイズ44mmバルブに合わせバルブシートの下穴を拡大。排気もL28純正サイズ35mm。そのままカットでいけます。

 

 

バルブシートは単品製作。シートカット後の仕上がりもちゃんと考えて作っているので、時間掛かるね。

 

 

はい。で、シートカット。厳密にはシートカット中。
バルブシート内側の余肉は後で削り段付き修正します。排気とのマージンもそこそことったのでギリギリ設計。
あ、因みにバルブも自分の私物です。どんだけ奢るのよー。

 

 

バルブ突き出し量はこんな感じで測定してます。カット→測定→カットってな感じ。正直面倒だわ。まあそれでもやるんですけどね。

 

 

IN44mm EX35mm。
いいねー。N42と中身は一緒。ヘッドボリュームってE88の方が少なかったはず。だったらバサっと落とすだけで町乗りなら十分ですよねー。

 

 

あとはブロックとの隙間がどれだけあるかですかね。L20ベースで組んだ事無いのでその辺りは仮組み時に要確認と。
まあ、自分がやる訳じゃないからそこまで考えなくてもいいんですけど。(笑)

 

 

あとはこのえげつなく曲がってるクランクシャフトをOKレベルまで修正できればゴールなんだけどなあ。
あとほんのちょっと。ちょーと戻ってくれればいいだけなんだけどコレがなかなか難しい。折れたら笑って許して下さい。

 

L20改2.6L

 

年末年始休業のお知らせ。12/30〜1/5までお休みとさせて頂きます。御迷惑をお掛けしますがご理解の程よろしくお願いします。作業依頼見積りの御相談はメールにて随時受付していますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 engineering@head-turners.com まで。

 

この1ヶ月は超が付くほどバタバタでしたが、今日は大掃除して年内終了〜。
あとは自分1人で2、3日掃除の続きです。片付けも結構あるからもう少しバタバタやるか(笑)

つーことで。ぜーんぜん進まないL20改2.6Lですが〜。

 

 

 

 

治具も作ったし。

 

 

休み中にリセスでも切るかな。

 

 

L20改2.4Lはダミーヘッドホーニングまで完了。←そっちかい!
コンロッドのフルフローまでやる予定でしたがタイムオーバー。ね。

年明けからボチボ出来るかな?結構加工作業も溜まってるんですよねー。まあボチボチいきます。
ということで今年1年ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。皆さん良いお年を。

 

L20改2.6L

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

 

休みもあっという間。今日から通常営業です。
ブログは昨日に引き続きL28コンロッドの軽量化。取り敢えず1基分出来上がりました。

 

 

図面起こして2チャックで出来る範囲の肉抜きです。
コスパも考えて出来るだけ加工時間を短縮。なのでツール類も新調しました。
モノを買うにもお金がかかるが、モノを作るのもお金がかかるのです。

 

 

抜くとこ抜いて、あとサラサラと。
強度の事も頭の隅っこに置いてね、やっぱ見た目です。(笑)

 

 

カッターパスがカッコイイでしょー!
忘れないように言っておきますけどノーマルコンロッドですからね。

 

 

こんな感じで加工してます。1本削るのに大体40〜50分。1基分6本で半日くらい。

 

 

気になる重量。543.2g。
加工プログラムは一緒なので6本とも同じ重量になるかと思ったけど、そう上手くいきませんね。
1本だけ3g誤差あり。他は2g以内に収まりました。触っていない部分とコンロッドボルト分を含めると上出来ですね。

 

 

ノーマルは720g前後。
ザックリで150g抜いてます。意外と抜けましたね。この辺が落としところかな。

 

 

1基は注文分で今回2基分削りました。
ウチの場合さーのさーで動けないので…。
少し時間があいてしまうと思いますが次はヘッドの加工です。また作業が進みましたらアップします。

 

L20改2.6L

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

さて、弊社は以下の日程におきまして、夏季休業をいただきたいと思います。
ご利用いただいている皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。

8/10〜8/17

 

最近またL型ブームがきてるみたい。お前だけだろ!って?はい。そうかもしれませんね。(笑)
今日は夏休みの宿題をー。そうです。1ヶ月前から段取っていたヤツ。
はいはいー。手持ちのL28コンロッドです。コレをL20に使います。

 

 

とりあえず重量を計測。ノーマルってのはわかっちゃいるけど確認したいですよね。

 

 

6本計測し重量誤差は約3.0g。
むかーし昔、これをひたすら揃える事だけに夢中になりましたねー。ええ。いい思ひ出です。

 

 

で、今はこう。つるしの2.6Lを作り気はサラサラないのです。そう。削り倒すのです。

 

 

そんなコト言ってもまだ試作段階。

 

 

L20ベースのチューニングって初めてだから。(爆)

 

 

はい。こんなんできました。
なかなかの男前仕様でしょ〜。

 

 

コンロッドボルトは捨てです。組立は新品を使用します。

 

 

ノーマルと比較してみる。
が、完全に別物。

 

 

形状はほぼコレで決まりかなあ。
ただ角が立っているので最後は手仕上げします。

 

 

なんか楽しくなってきましたよ。