GS400 ヘッドオーバーホール

ゴールデンウィークですね。道が空いてて朝の通勤が快適!
休みたいけどいろいろと加工が入ってきているのでゴールデンウィークは仕事確定です。

業者様からGS400の腰上リフレッシュ依頼です。
ヘッドの加工内容は、バルブフェース研磨、バルブすり合わせ、そしてGSの定番ヘッド最小面研。
シリンダーのほうは450にボアアップです。

DSC01842

加工前のインテーク側。そこそこといったところです。

DSC01846

エキゾーストはカーボンの噛みこみで荒れています。

DSC01847

インテークバルブは段付き摩耗しています。

DSC01850

エキゾーストバルブはうん。ブレました。(笑)
フェース面が荒れていますね。このまますり合わせなんかできないのでフェース研磨です。

DSC01852

その前にステムに摩耗がないかチェックしていきます。
使えるか使えないかを判断してからですね。減っていれば当然新品に交換です。今回は再使用OKです。

DSC01853

4本ともバルブステム径は良好だったためフェース研磨を実施。もちろん曲がり点検もしていますよ。

DSC01864

バルブのすり合わせ中。インテークはOKですが、やはりエキゾーストはなかなか面がでません。
ムキになってすり合わせると当たり面が広がりベタ当たりになり、カーボンも噛みこみやすくなるため当たり幅を基準値に戻すようシートカットが一番ですね。

DSC01868

すり合わせがなんとか終わればヘッドの最小面研です。
カムチェーン回りが結構歪んでいましたのでこれでオイル漏れもOKでしょう!
腐食している部分をとりきれませんでしたが面精度には影響しないので大丈夫だと思います。
GS400はいまだ新品でバルブガイドが手に入るので、当分エンジンは開けたくないって人はガイド入れ替えをやっておくとよりイイエンジンになります。特に排気側はガタも多くオイル下がりしているヘッドが多いですからね。
今のうちですよ!

DSC01865

ショベルクランクOH 3

もう日曜日ですね~。今週は加工の仕事に追われてゆっくりとクランクを触っている時間が取れずにいましたが、昨日は一日クランクの日と決めていたので作業のほうを進めました。
いきなり変な画像ですが、ここは見ておかないとまずいですね~。

DSC01836

ビックエンドにジグを嵌めてスモールエンドとの平行度をチェックしています。
今回レースを入れ替えたためいちおですが確認しておきます。結果は、うーん。ギリでOKといった所です。
スモールエンドのブッシュを入れ替え時にリーマ合わせでピンとのクリアランスをとっているのを見ますが、正確にやるならビックエンドを基準にボーリングしないと平行度はでませんね。
バイスに咥えてリーマ通しでは、ピストンピンがビックエンドに対し曲がる可能性がありますから。

DSC01837

今回使用するピストンに合わせ内径をホーニングでクリアランス調整しておきます。

DSC01841

ヌルッとくる嵌め合いに仕上げてあります。

DSC01840

作業が逆になってしまいましたが、ビックエンドはレースを入れ替えたため当然ベアリングはそのままでははいらないのでラッピングです。
いい感じに収まりました。

DSC01834

ラッピングが終われば各部重量測定していきます。
回転部のアンバランス重量、往復部分の重量をそれぞれ測定し計算していきます。

DSC01872

今回はお客様の要望でバランスファクターを53%に設定しクランクのバランスをとっていきます。
このお客様はハーレー屋さんでもないのに、まぁショベルに詳しいです。(笑)クランクのバランスをいくつにしてくれ!なんて普通聞かないですよね。
ちなみに純正のショベルだと60~65%で設定してあるみたいです。

DSC01875

差し入れも頂いたので頑張って煮詰めてました。
360°どの位置でも止まります。手でクランクを回した感じは、バランスをとる前と比べると明らかに滑らかに回ります。うーん。なんかよさげだぞ!

F6A ヘッドオーバーホール

業者様から預かっているF6Aのヘッド。放置ぎみでしたので集中的に作業に入ります。
バルブガイドはポート研磨するのに邪魔なため一度当社で抜いた後、業者様のほうでポート研磨されてきています。

DSC01819

F6はEXのバルブガイドとバルブにガタがあるのが多いのでバルブガイドは新品を使用します。
純正でオーバーサイズでくるのもありがたいです。

DSC01820

飛んで飛んで最終工程のヘッド面研。
ガイド入れ替え、シートカット、すり合わせはすでに加工済みです。

DSC01827

最小面研でフィニッシュ。

DSC01828

INバルブはシートカット時に外あたりぎみで調整しました。
バルブフェースもIN、EXともに研磨済みです。EX側は荒れやすいのでケチらず必ずやったほうがいいです。

DSC01832

F6のヘッドは加工しやすいので(精度がいい)個人的に好きです。
うん。ばっちりでしょう!

DSC01829

一休み。

エンジンもアートになる時代になりました。
機械加工ではなくオール手彫り。製作期間はどのくらいかかるのか聞いて見たら丸一カ月かかるようです。
自分にはマネできません。

DSC01821

GS1000 ボーリング

だいぶ前になりますがGS1000のボーリング依頼です。

DSC01237

3mmアップとなると結構な時間かかります。

ボーリング依頼の他ヘッド加工やクランク等、現状一人でこなせる量をはるかに越えています。4月いっぱいまでは加工にお時間頂く形になりますのでご了承下さい。
催促、納期の確認はお電話ではなくFAXまたはEメールでお願い致します。

DSC01236

HD ショベル クランクOH

預かっているショベルのクランクの作業報告。
まずはスラストワッシャーの交換。

DSC01561

交換した古いワッシャーにはベアリングのケージと干渉して摩耗した跡が残っています。

DSC01562

クランクピンは1ホールから3ホールタイプに交換です。

DSC01563

左側ケースもレース交換します。
このスナップリングはSSTを使用すると楽ちんですね。今回は馴染みのハーレー屋さんにお借りしました。
次きたら買わんとなぁ。

DSC01709

ケースを温めてアウターレースを打ち込みます。
レースとベアリングは1セットになっているため内側と外側がごっちゃにならないようにメモしておきます。

DSC01786

続いてコンロッドもレース入れ替えを行います。
元々入っていたレースの外径に合わせ新品のレースの外径を円筒研磨で合わせてから入れ替えていきます。
そのまま入れるとコンロッドにクラックが入るくらい締め代がついているから注意です。

DSC01778

組んだら見えなくなる部分はなるべく細かく画像は残すようにしています。

DSC01779

いい感じの締め代で入れ替えできました。

DSC01780

あとはラッピングして、各重量計測して、ジグ作って、バランス取って、組み立てて、芯出しして、ケースに入れて…
うーん。まだかかるなぁ。

DSC01787

セパハン 内径拡大

普段はエンジン加工を主にしているため、一品加工なんかは手が空いたときにやっています。
タイミングが悪いとずるずると後回しになっていくため中々思った以上に納期が定まりません。

DSC01711

もろにブレていますが、セパハンの内径をボーリング中。
取り付け径を37πに拡大しています。
工場の状況次第ですが、一品モノの加工は気長に待ってもらえれば請けるようにしています。

DSC01712

取り付け時にしっくりとくる嵌め合いに仕上がりました。

DSC01713

祝一年

開業して1年が経ちました。ブログをやり始めたのも去年の今頃だったかな?

DSC01643

初めは車屋、バイク屋、時には農機具の耕運機なんかを扱っている処に出向いて営業回りでした。

DSC01645

話を聞いてくれるいい人もいれば、中には煙たがる人もいたりと、一筋縄ではいかない営業。

DSC01649

材料費、ジグ代ですでに赤字の仕事なんかもこれでもかとやってきました。自分でお金払ってなんで仕事してんだろうってね。

DSC01651

それでも出来上がったモノを見てもらって、こんだけ精度出してやってます!って必死にアピールして信用を得るしか方法が見つからなかったんですよ。

DSC01669

それから徐々に加工仕事が増えてきて、ホームページからの問い合わせも県外からたくさん頂けるようになりました。

DSC01664

いやー大変だった!静岡でそんな需要あるのとか、おまえがやれるのとか、散々言われましたが、なんとか人並みに生活はできています。(笑)

DSC01674

とりあえず2年目に突入しました。これからもよろしくお願いします。
HDショベルのダミーヘッドボーリング完成です。見ての通り下面研磨も実施。手間かけた分エンジンは答えてくれます。
クランクは…
もうちょいかな。

DSC01670

DIO クランクベアリング交換

当社には珍しい50ccのクランクが参りました。

DSC01717

ベアリング入れ替えに、クランクをケースに圧入するまでのお仕事です。

DSC01720

ささっとベアリングを入れ替えて、クランクをケースに圧入すれば終わりですが、クランクの芯が出ているか確認してみると、0.1mmほど振れていたため、芯出し修正してから圧入していきます。

DSC01721

クランクをケースに圧入する際、ケースを温めておくとストンと落ちる感じで入っていきます。

言われた事だけやる仕事は簡単で速いですが、クランクの状態を確認せずにケースに組み込むのは内燃機屋の自分的にはナシです。
クランクに限らずすべての作業で、ここは見ておかないとな。という部分は必ずチェックするようにしています。なので、どんどん仕事は溜まっていきます(汗)

DSC01722

TX650 ライナー入れ替え 2

前回はライナーのつば加工までいきましたのでライナーを入れる前にシリンダーの下面を研磨しておきます。
ライナーが入っていると研磨できませんからね。

DSC01744

上面の歪ほどではありませんが、下面も何十年とボルトで締め付けられたうえに熱による膨張、収縮により歪がでてきます。
ライナー入れ替え時にはやっておきたいメニューです。

DSC01745

下面の研磨が終わったらライナーを圧入します。
元々入っていたライナーは締め代があまかったため、0.07mmほど締め代がつくようにバレルをボーリングしてあります。
一日じっくりと歪ませてからボーリング作業です。あわくってボーリングするとせっかくの芯円が崩れますからね~。
慌てず、確実にやる事が近道です。

DSC01746

そうそうライナー入れ替えたらこんな感じでつばが飛び出ているので上面研磨は必ず必要になります。
抜いて入れてボーリング。と簡単に考えている方が多いようですが、いろいろとやる事は多いですよ。手間を省けば単純に短命なエンジンになりますから。

DSC01747

今回使用するピストンです。
縦方向に表面処理がされています。

DSC01761

じっくり歪ませてからシリンダー下面を基準にボーリング。
すでに上面は最小研磨済みです。

DSC01760

ホーニング仕上げ中。
真夏や真冬に比べてこの時期は温度管理が楽なので非常にやりやすいです。
気温が2℃かわればシリンダーゲージも動きますからね。

DSC01763

完成です。
指定クリアランス0.05mmで仕上げてあります。

DSC01765

パンチの効いたツインって感じでしょうか?

DSC01767

車両の完成が楽しみです。おやっさんパリッと仕上げましたよ!

DSC01768