CBX400F 愛知

CBX400Fのネジ穴修理です。ヘリサートが入っているのにネジの長さが合っていないためトルクがかかっていなかったりとちょっと?なヘッドです。

DSC04696

そしてCBXで一番ダメになる吸気側#2のM6。
ヘリサートは見た目キレイに入っていましたがボルトを入れるとシブイです。
削りとってみるとこんなんがでてきました。折れたボルトを取り切らずにその上からヘリサートを入れるムチャクチャな修理です。ここの部分はノックピンを入れる必要があるため削り出しでネジスリーブを製作して対応します。

DSC04697

製作したネジスリーブがこれ。
外径にネジ、内径はM6の2Dでノックピンが入るようになっています。鉄スリーブのため強度も上がり、仮にネジ穴がダメになってもヘリサートで修理可能です。

DSC04745

ノックピンの位置精度が命。ヘタするとカムキャップが取りつけられなくなるため、滝のような汗を流しながらダイヤルと機械のデジタルスケールを駆使してボーリング。
画像はネジスリーブを入れたところです。

DSC04742

仮のカムキャップを取りつけトルク掛けて確認。
完璧です。というかホッとします。しかしもともとの長いネジは使えないため短いボルトで対応してもらう形になります。
50も深い位置に1.5DのM6ってないよな~。無理があるでしょ~。

DSC04740

非常に手間のかかるEXスタッドボルトの穴も修理。
穴芯を拾うための位置出し作業はもっとも骨が折れる作業で御座います。

DSC04698

ボルト穴グズグズで斜めに掘られているためエンドミルで垂直に下孔を拡大。
ヘッドきわきわのため電話が鳴ってもシカトで作業に集中します。

DSC04701

エンザートで処理しました。こちらも鉄のネジスリーブのため強度もばっちりです。

DSC04703

2箇所。
発送しました。ありがとうございます。

そしてCBXに乗っているオーナー様達へ。
カム受けボルトがダメになっていたり、トルクが掛かっていない状態のヘッドが多々あります。
カムジャーナル損傷に繋がるため一度ヘッドカバーを剥ぐってトルクレンチで確認することをお勧めします。
ショップで確認は数千円、自分でやるならほぼガスケット代と手間だけです。修理で一ヶ所ヘリサート4000円
ネジスリーブ製作入れ12000円。

DSC04744

タイミングホール 修理

おはよう御座います。もう毎日暑くてキツイです。

パンヘッド?ショベル?のタイミングホールの修理です。
ボルト穴が大きく拡大されている為もともとのサイズに戻していきます。

DSC04576

5/8の16。

DSC04577

タイムサートで処理します。

タイミングホールはショベル以前のケースは薄くアルミも御粗末君のため要注意です。絶対に締め上げちゃダメですよ〜。

DSC04578

念のためケースを温めてボルトと一緒に抜けてこないか確認したら発送です。
というかだいぶ前に発送済みです。

タイミングホール タイムサート 5000円で参ります。

DSC04579

HD 宮城

日曜日は朝から加工依頼のお客様が何人か来店したり、新たな仕事が届いたりとバタバタしまして仕事がまともに出来たのが夕方5時過ぎ(汗)終わるもんも終わらんなぁーと言った感じであっという間にタイムオーバーです。
そして突然ですが明日以降からのエンジン加工依頼の納期は約1ヶ月とさせて頂きます。

以前加工したショベルの追加加工依頼。
前回はヘッドのオーバーホールだけでしたのでシリンダーは今回がお初です。
よくよく観察してみると指で指している部分が飛び出ています。
ダイヤルを走らせると0.1mmせり上がっていましたので面研磨で修正。

DSC04567

前回やっておけばよかったヘッド面研。
ハマりにハマりました(汗)
ロッカーカバーボルトが全然抜けません。いつもはペロペロと豪語しているボルト抜きですがここまで固いのは、FORDのサイドバルブエンジンのシリンダースタッドボルト抜き以来です。7年前かな。

DSC04660

ネジごとゴッソリ抜き取れてしまった部分はヘリサートで処理しました。

DSC04664

以前面研された時にかなり斜めに加工されていたためロッカーカバー面を基準にすると切削量が0.2mm以上になるのでシム入れて対処しました。

DSC04672

これならええと思いますよ。
発送済みです。ありがとうございました。

DSC04673

Z2RS

先週日曜日の話ですが河口湖に行った方なら見かけた方もいるかと思います。
そのRSがやってきました。オイル潤滑不足で焼き付いたようですが状況はかなり深刻です。

 

DSC04649

アウターシムはカムに叩かれて粉々に砕かれています。

 

DSC04650

バルブは全て曲がっていて8本中7本は何とか取り外せました。
一本だけ残っている。加工前の難所です。

 

DSC04651

バルブガイドにクラック。
通常の抜き方だと多分砕けてしまうので考え中。
DSC04652

そしてヘッド側にも被害が。
割れています。そのままだとオイルを吹き出すためここも要修理です。
幸いリフターホールの上の部分なので何とか溶接も可能ですが溶接歪みに気をつけないとスクラップいきです。

DSC04654

難所の部分。
バルブリフター焼きついてビクともすません。
砕けたシムがリフターに噛み込んでいると非常にマズイです。

 

DSC04655

そしてこうする。
内燃機作業に教科書もヘッタクレもありません。
どうせ再利用できないしね。

 

DSC04657

ヘッドを温めて膨張させバルブリフターとリフターホールに少しでも隙間が出来るようにしたらスライディングハンマーで抜き取ります。

あとは部品がきたら作業に入ります。

 

DSC04658

GS400 シリンダーボーリング

バイクシーズンのこの時期は暇になるんですが今年は何か違う?

もう定番になったGS400の腰上リフレッシュ。
ボーリング前のシリンダーはこんな感じです。

DSC04677

すでに0.5mmオーバーサイズとなっているため支給された1.0mmオーバーサイズのピストンに合わせてボーリングしていきます。

DSC04683

GS400でオーバーサイズにボーリングされているシリンダーでよく見かけるピストン縦方向のキツイあたり。GS400のシリンダー上面は排気側がよく歪んでいるためシリンダー下面を基準に機械へセットします。手間暇掛けずにボーリングすれば斜めに傾いた状態となるためピストンクリアランスが適正でもキツいあたりとなってしまいます。

DSC04679

加工歪みを考慮しホーニングで仕上げ。

DSC04680

1度も面研磨されていない為上面と下面が平行になるように研磨してシリンダーは完成。

DSC04682

ヘッドのほうはバルブシートカット、バルブフェース研磨、ヘッド面研磨と定番作業です。
画像はシートカット前。

DSC04659

シートカット擦り合わせ後。
別撮りがバレバレのアングル(笑)

DSC04684

見落としそうになったプラグホールのネジ山をヘリサートで修理し、ヘッド面研磨で完成です。

そしてもう月末ですが予想以上に加工依頼が多く納期等問題もあるため加工制限せざるを得無い状況です。誠に勝手ながらご協力よろしくお願いします。

DSC04685

SUZUKI F6A 青森

軽自動車のエンジンオーバーホール。
排気バルブガイド入れ替え、シートカット擦り合わせ、シリンダーボーリングと定番のリフレッシュメニュー。

DSC04625

単純にガイド入れ替えといっても純正のガイドは大きく作ってあるためガイド穴の寸法を測りガイド外径加工したり、内径をリーマー合わせしたりと地味に手間がかかる作業です。

DSC04608

ツバ無しガイドですから突き出し量を揃えるには打ち込みに少し頭を使います。

DSC04607

ガイド入れ替え後シートカットへ。
左がノーカットで右がカット後です。どちらが正常かはもう一目瞭然ですね。

DSC04627

擦り合わせして完成です。

DSC04666

と、言いたいところでしたが排気バルブが虫喰いのせいで上手く擦り合わせ出来なかったためフェース研磨したところ一本だけこんなのが。
当然交換します。

DSC04667

これなら問題ないですね。

DSC04668

シリンダーブロックはダミーヘッドで歪ませてあります。
うちのダミーヘッドの中で一番タッパがありますね。

DSC04632

0.5mmオーバーサイズでボーリングホーニングで完成です。
本日発送済み。ありがとうございました。

DSC04670

GS400 ドレンボルト修理

暑い暑い(汗)静岡は梅雨明けしたようですね。
昨日はエアコンをもらいにいってきました。今年の夏は工場が快適になってくれるはずです。この時期になるとボーリングするためにわざわざ早起きして気温が上がらないうちに加工してましたから少しは楽になるかなぁ。

今日はGS400のドレンボルトの修理です。なにげに問い合わせが多い修理ですが基本クランクケース単体でないと請けれません。こんな感じで機械にセットしますのでやはりケース単体が絶対条件です。

 

 

DSC04642

液体ガスをベタ塗りされている車両は大概怪しいです。
ネジ山がガバガバになっている場合液ガスでの修理はお粗末。

 

 

DSC04643

ケース合わせ面に対し垂直にヘリサートで修理すれば土方締めしなくても効きます。

 

 

DSC04645

多い日でも安心です。
ありがとうございました。

 

 

DSC04648

マツダB6

今日から3連休のようですが、仕事が溜まっているので自分は休日出勤のつもりで通常稼働。巷ではバイクのエンジンしかやらないと思われているようですが普通に車のエンジンもやります。

外は雨で大して行く所もないためB6のシリンダーボーリング作業を地味にやっていました。

DSC04603

ピストンは純正の0.5mmオーバーサイズ。

DSC04606

いつも通りボーリングしてホーニングで仕上げます。

DSC04604

DSC04605

しかし鉄ブロックは重いですね。
鈍っているなぁ。

DSC04630

HDショベル

以前加工したショベルの手直し。
怪しいところを探ってまして取り敢えずシリンダーの上面に狙いを定めました。

DSC04565

シリンダーのツバ周り0.05mmほど削りましたが残っています。
オイルラインにも掛かっていますね。

DSC04566

これならOKです。
ツバも研磨分落としています。

DSC04574

そしてレッドチェックしてもオイルリークが見当たらなかった吸気側のガイド。何だか気持ち悪いので新品のバルブガイドで再度打ち替えます。
右の2本が元々入っていたバルブガイド。ステムシールに対応するようガイドの頭を加工し再度入れ直しそしてまた抜き取りました。(汗)
ガイド穴との締め代がちゃんと付いているか確認しましたがオイルリークするような寸法ではないんだよなぁ。うーん。

DSC04564

そして再度焼き嵌め。
芯ズレもなく上手く入れ替えて完了。

ハマるときは考えられる所全てやるのが近道かな?

DSC04573