L20 #4

 

お知らせ。
現在作業が混雑し納期が定まらない状況となっています。誠に勝手ながら7/31まで新規作業の受注を一時停止させて頂きたいと思います。状況により前後すると思いますのでその都度こちらで報告致します。ご迷惑をお掛けしますがご理解の程よろしくお願いします。

 

330セドリックの作業。

 

 

持込のアルミラジエーター取付。汎用品なので車体に合わせ余分に当たる部分をカット。取付穴が開いていないのでノーマルラジエーターから寸法を取り穴開け。カラーを単品製作してラジエーターの位置が丁度いい感じにくるようオフセットさせます。サビサビだったホースはアッパー、ロアー共に新品に交換。純正品のホースに対しラジエーターが汎用品なので長さや曲がりが合うか心配でしたが、少し切るくらいでいい感じにおさまりました。

 

 

ラジエーターをオフセットさせたのはキャップとボディの隙間を確保したかった為です。この状態ならキャップがボディに接触せず開け閉めがスムーズに行えます。余談ですが普段の足、街乗りに使用する場合アルミラジエーターよりノーマルラジエーターの方が断然冷えます。全然冷えねーよ!って方はラジエーター屋さんにコアを入れ替えてもらいましょう。

 

 

持ち込みの40πウェーバーキャブ。ヤフオクでOH済みで購入品。はい。ハズレです。
パッと見の感想は、サンブラぶっかけてテキトーに余っていた部品くっ付けたって感じかな。そのまま使う気には全然ならない。まずさ、ガスケットが中古の時点でOH済みはナイでしょーよ。

 

 

砂がドッサリ。でしょうね。

 

 

ご丁寧に中まで打ってくれてます。これね。専門店のプロショップさんがOH済みで出品してたんだって。売る方もアレだけど買う方も知識や修理技術が無ければヤフオクは手を出しちゃダメ。絶対。

 

 

そこら中砂噛んで分解するだけでメッチャ苦労しましたが何とか全バラ。
ベンチュリー取るのが1番キツかった。(汗)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す