HD IRONHEAD 新潟

アイアンショベルコンロッド回りのお仕事。

PB160081

まずは飛び出ているスモールエンドブッシュから。

PB100019

そのまま加工するとスモールエンド側面も切削する事になってしまうため、面倒でもブッシュ側で合わせます。1度抜き取り生爪で掴んで圧入した時にオイル穴が真ん中にくるように両端を落としていきます。

PB100023

そして再度圧入。
ブッシュ内径はピン径より小さくできていますのでピンが入って且つフローティングするように内径を仕上げていきます。

PB100025 のコピー

リーマー加工後ホーニング仕上げ。ピン径とのクリアランスはしっかりとボアゲージで計測していますが最後はやはり手でピンを入れた感覚を大事にしています。このくらいかなぁ。ってくらいが意外にいいところにいたりします。(数字的に)

PB160080

ハーレーの場合コンロッド単体でのお仕事は受け付けていませんが。今回は特別に。
新品に入れ替えたレース内径はかなり小さくできています。
画像は仕上がっている状態。

PB160077

こんな感じで機械にセットして砥石で徐々に研磨して広げていきます。
本当はビッグエンドを仕上げてからスモールエンドを加工するのが基本ね。
しかし取り代が多くてかなり時間かかります…。

PB160067

お待たせしました。
発送済みです。

PB160081

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す