GS400

 

ホームページの料金表がイマイチでよくわからん。て事に最近気付きまして今現在作り換えている最中。4月から始まる働き方改革に合わせ料金を少し見直す事にします。タイミング的に丁度良かったかもしれませんね。今までこの金額だとちょっときついなあ。といった内容にテコ入れする感じで進めています。さー頑張ろ。

 

GSが少し落ち着いていたのでいいタイミング。
バルブ周りの作業、シリンダーボーリング、クランクシャフト芯出し作業。

バルブガイドは新規入れ替え。O/Sになっているのでそのまま打ち込むとヘッドダメしますからdiyは控えてね。

 

 

これが入れ替えた状態。今からバルブシートカットしていきます。

 

 

打ち替え作業がうまくいっていれば沈み込みも0.2mm~0.3mm位で収まります。
シート面の荒れ具合で寸法は変わりますけど大体普段こんなところです。

 

 

ウチのライナーを使用した450と0.5mmO/S。
懐かしいですね。

 

 

クランクシャフトの芯出しして完成です。
磨いている時間の方が長かったかなー。と、この辺の雑作業も新料金体制では費用が掛かるようになります。
手を動かした分は貰わないと従業員のモチベーションもあがりませんからね。

 

GS400

 

機械加工経験未経験問わず求人募集しています。募集人数は2名。正社員、アルバイト、パート、可能。興味のある方はご連絡下さい。

先週はGS祭りでした。
静岡 神奈川 兵庫の4基同時進行。
ヘッドはバルブガイドを入れ替えてバルブ周りをリフレッシュ。
下面修正面研はもうGSの定番ですね。

 

 

4基中3基はウチのオリジナルシリンダーライナーに入れ替えています。
2基はノーマルSTDボア。あとの2基は69mmの450です。450ボアの場合社外メタルガスケットを使用しますのでシリンダー上面とヘッド下面研磨は必須。

 

 

 

 

シリンダーライナーも残すとこ3基分。
因みにGS750にも使えますからね。興味のある方はお早めにご連絡下さい。

 

GS400 神奈川

 

先ずは夏期休暇のお知らせ。
誠に勝手ながら、8/10(金)~8/15(水)は休業とさせて戴きます。
ご不便をおかけしますが何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

 

GS400専用シリンダーライナーですが、お陰様でジワジワと売れてます。
ライナー単体でも販売してますが今の所加工まで依頼される事がほぼというか100パーです。
そっちの方がライナー単体で購入するより2000円安くなりますから当然ですかね。

 

 

 

 

450→400戻し。
400→450アップ。
400→400ボア変更ナシ。
450→450ボア変更ナシ。

ピストン径が66mmから69mmまでなら全てに対応可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GS400

 

自分とこのオリジナルでGS400用のシリンダーライナーを作ってます。ノーマルボアから450ボアまで対応。
ヤフオクにも出品していますけどライナー単体では全く売れませんね 笑
逆にヤフオク見て直接連絡貰って加工して納品。ってのが断然多いです。まあそりゃそうだなと納得。

 

 

 

 

ヤフオクは宣伝だけでいいかな。
実際使ってるお客さんからの評価は高いんですよ。特に450ボアにしたお客さんから。
ノーマルライナーで450ボアにするともたない。ってのが巷の定番のようで、それが作るキッカケにもなったんですけど。
売れるモノではなく、自分が作りたいモノを作って仕事に繋がるのって良いですよね。

 

 

 

 

そんなんでこのシリンダーも。
自分とこのシリンダーライナー。

 

 

 

 

ノーマルボアだから結構肉厚。ライナー材は純正上回る耐摩耗ターカロイ材。
ケース加工ナシでポン組できます。

 

 

 

 

シリンダー上面はライナー入れ替えアルアルの上面最小研磨が必要に成ります。

 

 

 

 

ライナー入れ替えのメリットの1つ。 純正ピストン使用。
リングが社外と比べると別格。

 

 

GS400 東京

 

昨年末ネタ。
弊社オリジナルGS450シリンダースリーブに追加工。
バレルボーリングせず、ライナー外径で嵌め代を調整します。

 

使用するピストンは純正STDサイズ。

 

 

ボーリングホーニング。
画像は上手く撮れてませんね。

 

 

スリーブ入れ替え時の絶対条件シリンダー上面の最小研磨して完成。

純正スリーブより耐摩耗に強い硬い材質使ってるので如何しても引き目が目立つ。
精度的には問題無いんですけど。エアーより切削油バシャバシャかけた方が良さそうかな?

 

GS400 岡山 #2

 

少し前に作業は完了しましたが未だアップしていなかったので忘れない内に。

弊社オリジナルGS400用シリンダーライナーを使用します。
ライナー外径は450用に対応していますので、先ずはシリンダーバレルをボーリング。

 

 

0.01mm単位で嵌め代を調整。きつすぎてもダメだし、緩すぎてもダメ。どちらも後でトラブルの元になります。仕上げ加工代0.05mmは度胸で1発勝負。

 

 

ライナー外径は純正より少し大きくなりますが、450にボーリング加工しても強度を充分に確保できる設計。
ノーマルシリンダーをそのまま3.0mmアップするとペラくなるからなぁ。
450からスタンダード戻しというのもアリ。

 

 

今回は元々このエンジンに使用していた純正ピストンでボーリングします。
自分は中古ピストンでも使用できるレベルなら全然使います。(純正縛りですよ)
リングとピンは新品に換えますけど。

 

 

ライナー圧入後、下面垂直ボーリング仕上げ。
どうです?いい感じでしょ?

 

 

 

 

ライナー入れ替え時はツバ高さを揃える必要があるので最小面研して完成。

飛ぶように売れているワケでは有りませんが初期ロット20基分は完売。と先ず先ずです。
銭儲けよりほぼ自己満みたいなものですし。

 

GS400

 

ちょっと前に告知していたGS400用のシリンダースリーブ作りました。
20基分用意しましたが残り僅かです。
スリーブのみの販売も可能です。が、できれば加工もウチで(笑)

 

 

純正より嵌め合う部分を大きく作っていますのでバレルボーリングが別途必要になりますが、肉薄となる450仕様には最適です。純正スタンダード戻しにも対応しています。 8月中旬位からヤフオクでも販売します。
海外製のスリーブは既に売っていますけどねー、エンジンによってバレル内径寸法はマチマチなのでスリーブ側の寸法次第では嵌め代が確保できなかったりします。ウチのはシリンダー、スリーブどちら側でも合わせられるようになってます。

 

よろしくどうぞ。

 

GS400 神奈川

 

スリーブ入れ替えのついでに?フィン欠け修理。
ココ、シリンダー外す際バールでこじりやすい箇所ですが、割れますのでやめましょう。

 

 

 

 

抜き取ったスリーブ。
450ボアからスタンダード戻しです。

 

 

 

 

純正ピストン。

 

 

 

 

支給されたスリーブ材を圧入。から、ボーリングホーニング。

 

 

 

 

シリンダー上面を最小研磨して完成。

 

 

GS400 神奈川

 

GSも毎月よくやります。ブログあげると次の日依頼の問い合わせが来ると。レスポンスの良さはピカイチです。
シリンダースリーブ入れ替え ボーリング作業。

 

 

pb050176

 

 

支給されたスリーブを入れ替え450から400へとボアダウン。

 

pb050174

 

 

シリンダー上面を最小面研して完成です。

 

 

pb050175

GS400

 

GS400のシリンダーボーリング依頼。

 

 

P8300279

 

 

加工前のシリンダーを観察。
何か噛みこんだかな?

 

 

P8300280

 

 

0.5mmオーバーサイズにて。
これで元気に走ってくれるでしょう。

 

 

P8310281

 

 

さあて9月突入。
このまま忙しい時期を迎えるには非常にマズイ工場内。
週末は片付け作業でリフレッシュします。

 

 

P8310283