GS400 神奈川

 

先ずは夏期休暇のお知らせ。
誠に勝手ながら、8/10(金)~8/15(水)は休業とさせて戴きます。
ご不便をおかけしますが何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

 

GS400専用シリンダーライナーですが、お陰様でジワジワと売れてます。
ライナー単体でも販売してますが今の所加工まで依頼される事がほぼというか100パーです。
そっちの方がライナー単体で購入するより2000円安くなりますから当然ですかね。

 

 

 

 

450→400戻し。
400→450アップ。
400→400ボア変更ナシ。
450→450ボア変更ナシ。

ピストン径が66mmから69mmまでなら全てに対応可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GS400

 

自分とこのオリジナルでGS400用のシリンダーライナーを作ってます。ノーマルボアから450ボアまで対応。
ヤフオクにも出品していますけどライナー単体では全く売れませんね 笑
逆にヤフオク見て直接連絡貰って加工して納品。ってのが断然多いです。まあそりゃそうだなと納得。

 

 

 

 

ヤフオクは宣伝だけでいいかな。
実際使ってるお客さんからの評価は高いんですよ。特に450ボアにしたお客さんから。
ノーマルライナーで450ボアにするともたない。ってのが巷の定番のようで、それが作るキッカケにもなったんですけど。
売れるモノではなく、自分が作りたいモノを作って仕事に繋がるのって良いですよね。

 

 

 

 

そんなんでこのシリンダーも。
自分とこのシリンダーライナー。

 

 

 

 

ノーマルボアだから結構肉厚。ライナー材は純正上回る耐摩耗ターカロイ材。
ケース加工ナシでポン組できます。

 

 

 

 

シリンダー上面はライナー入れ替えアルアルの上面最小研磨が必要に成ります。

 

 

 

 

ライナー入れ替えのメリットの1つ。 純正ピストン使用。
リングが社外と比べると別格。

 

 

GS400 東京

 

昨年末ネタ。
弊社オリジナルGS450シリンダースリーブに追加工。
バレルボーリングせず、ライナー外径で嵌め代を調整します。

 

使用するピストンは純正STDサイズ。

 

 

ボーリングホーニング。
画像は上手く撮れてませんね。

 

 

スリーブ入れ替え時の絶対条件シリンダー上面の最小研磨して完成。

純正スリーブより耐摩耗に強い硬い材質使ってるので如何しても引き目が目立つ。
精度的には問題無いんですけど。エアーより切削油バシャバシャかけた方が良さそうかな?

 

GS400 岡山 #2

 

少し前に作業は完了しましたが未だアップしていなかったので忘れない内に。

弊社オリジナルGS400用シリンダーライナーを使用します。
ライナー外径は450用に対応していますので、先ずはシリンダーバレルをボーリング。

 

 

0.01mm単位で嵌め代を調整。きつすぎてもダメだし、緩すぎてもダメ。どちらも後でトラブルの元になります。仕上げ加工代0.05mmは度胸で1発勝負。

 

 

ライナー外径は純正より少し大きくなりますが、450にボーリング加工しても強度を充分に確保できる設計。
ノーマルシリンダーをそのまま3.0mmアップするとペラくなるからなぁ。
450からスタンダード戻しというのもアリ。

 

 

今回は元々このエンジンに使用していた純正ピストンでボーリングします。
自分は中古ピストンでも使用できるレベルなら全然使います。(純正縛りですよ)
リングとピンは新品に換えますけど。

 

 

ライナー圧入後、下面垂直ボーリング仕上げ。
どうです?いい感じでしょ?

 

 

 

 

ライナー入れ替え時はツバ高さを揃える必要があるので最小面研して完成。

飛ぶように売れているワケでは有りませんが初期ロット20基分は完売。と先ず先ずです。
銭儲けよりほぼ自己満みたいなものですし。

 

GS400

 

ちょっと前に告知していたGS400用のシリンダースリーブ作りました。
20基分用意しましたが残り僅かです。
スリーブのみの販売も可能です。が、できれば加工もウチで(笑)

 

 

純正より嵌め合う部分を大きく作っていますのでバレルボーリングが別途必要になりますが、肉薄となる450仕様には最適です。純正スタンダード戻しにも対応しています。 8月中旬位からヤフオクでも販売します。
海外製のスリーブは既に売っていますけどねー、エンジンによってバレル内径寸法はマチマチなのでスリーブ側の寸法次第では嵌め代が確保できなかったりします。ウチのはシリンダー、スリーブどちら側でも合わせられるようになってます。

 

よろしくどうぞ。

 

GS400 神奈川

 

スリーブ入れ替えのついでに?フィン欠け修理。
ココ、シリンダー外す際バールでこじりやすい箇所ですが、割れますのでやめましょう。

 

 

 

 

抜き取ったスリーブ。
450ボアからスタンダード戻しです。

 

 

 

 

純正ピストン。

 

 

 

 

支給されたスリーブ材を圧入。から、ボーリングホーニング。

 

 

 

 

シリンダー上面を最小研磨して完成。

 

 

GS400 神奈川

 

GSも毎月よくやります。ブログあげると次の日依頼の問い合わせが来ると。レスポンスの良さはピカイチです。
シリンダースリーブ入れ替え ボーリング作業。

 

 

pb050176

 

 

支給されたスリーブを入れ替え450から400へとボアダウン。

 

pb050174

 

 

シリンダー上面を最小面研して完成です。

 

 

pb050175

GS400

 

GS400のシリンダーボーリング依頼。

 

 

P8300279

 

 

加工前のシリンダーを観察。
何か噛みこんだかな?

 

 

P8300280

 

 

0.5mmオーバーサイズにて。
これで元気に走ってくれるでしょう。

 

 

P8310281

 

 

さあて9月突入。
このまま忙しい時期を迎えるには非常にマズイ工場内。
週末は片付け作業でリフレッシュします。

 

 

P8310283

GS400

GS400のエンジン。
ドレンボルトの修理はよくやりますが今回は別のボルト折れの除去。

PB100014

こーんなに深いところで穴芯を狙うのはジグ無しではキビシイです。

PB100015

それでもまぁ、できなくはないかな?

PB100016

シリンダーは0.5mmオーバーサイズピストンでボーリング。
お決まりのシリンダー上面研磨。

PB100005

いきなりですがカメラを新調しました。
ここまで攻めれます。

PB100011

バタバタでシリンダーしか画像撮ってませんでしたがクランクとヘッドも通常通りしっかりとやってますよ。

PB100012

GS400

今年は本当にGSが多いですね。
最近は燃焼室とポートをブラスト当てて楽してます。時間効率もイイ。

DSC05213

バルブはフェース研磨して再利用します。
画像はすり合わせ後に撮りました。

DSC05221

ガイドのガタも良好なのでシートカットとヘッドは修正面研。

DSC05222

このピストンに合わせてシリンダーをボーリングしていきます。

DSC05220

仕上がりはこんな感じ。
面取りも今回から仕様変更。手でスルッと入ったべ?

DSC05226

GS400のシリンダーは排気側が歪みやすいようでオイル漏れが気になる方は修正面研がオススメ。

DSC05231

クランクの芯出し。
位相方向にズレがあるクランクを独自の怪しい方法で矯正し芯出し。(汗)
この数字まで持ってくようにガツンガツンとハンマーでどつきます。

DSC05217

ヘッド下面も1発ひいてあげます。

DSC05228

2基まとめて納品です。
あとはきりんばんにバトンタッチです。

DSC05230