GPZ900R #last

 

 

 

GW休業のお知らせ。
4/28〜4/31まで通常営業。5/1〜5/6までお休みとさせて頂きます。
作業依頼の受付、相談はtel又はmailで。
求人募集しています。興味のある方はご連絡下さい。

 

平成最後の日も出勤。夕方から大掃除ならぬ中掃除をしました。大型連休前は必ず大掃除なんですよ。
残りは休みの間に自分が出てゴソゴソやる予定です。

GPZ900Rの作業。
ヘッドはこんな感じになりました。
支給されたバルブはステム径が若干太く作られていたので、バルブガイド内径を追加工しクリアランス調整。
バルブガイド内径の加工後、支給されたバルブに合わせバルブシートの加工。

 

 

ビッグバルブだとこの位ギリギリ。
結構な迫力がありますよね。ポート加工済みなのでニタニタが止まらんの〜。

 

 

当たり位置はバルブシート外外ギリギリ。
これが目一杯ですが。

 

 

バルブ的には内内です。
中当たりだと恐らくバルブシートに当たらなくなるのでね。

ありがとうございました。

 

GPZ900R #2

 

 

 

GW休業のお知らせ。
4/28〜4/31まで通常営業。5/1〜5/6までお休みとさせて頂きます。
作業依頼の受付、相談はtel又はmailで。

GPZ900Rの作業。
シリンダーとシリンダーライナーの間にあるOリング交換をする為、一旦抜き取りました。
1気筒に3箇所Oリングが使用されています。水漏れ対策ですが交換するにはちとハードルが高いですね。

 

 

水に浸かっている部分はこんな感じでサビが浮いてしまうのがほとんど。
組み付け前に一旦サビ取りをしサビ止めを塗り込み新品Oリングで組込みます。

 

 

ボアアップに使用するピストンはワイセコ製。
ピストン、ピン、リングにはWPC+ハイパーモリショットの表面処理をしました。

ハイパーモリショット®とは、二硫化モリブデンショットと同様、製品の表面に潤滑性の高い二硫化モリブデンを高速衝突させて金属表面に潤滑層が形成し、長期間に渡り低摩擦効果を持続させます。ハイパーモリショット®は、二硫化モリブデンに高温安定固体潤滑ナノ粒子を添加して使用することで、高温・高回転域での低摩擦効果を持続させることが可能となる技術です。

参考にどうぞ。

 

 

に合わせボーリングホーニグ。
シリンダー上面は最小面研しました。
研磨量0.05mm。

 

 

チューニングのお仕事は久々だと楽しいの〜。

 

GPZ900R #1

 

 

 

GW休業のお知らせ。
4/28〜4/31まで通常営業。5/1〜5/6までお休みとさせて頂きます。
作業依頼の受付、相談はtel又はmailで。

相変わらず忙しくやっています。今月はエンジンオーバーホール作業が重なってバタバタしています。現在は4基同時進行していて頭の中がさすがにヤバイ。(汗)
それとGW明けに求人募集します。興味のある方はご連絡下さい。

GPZ900Rの作業。
腰上はヘッドにビッグバルブ組込み、シリンダーは75mmにボアアップします。腰下はクランクシャフト曲がり修正+バランス取り、親子メタル合わせです。

 

 

作業は腰下から進めていきます。クランクシャフトのメタル選定ですが、先ずクランクケースのガスケットを全て剥がしてから漬けおき洗浄。洗浄後全てのネジ穴をタップ通しクランクケースハウジング合わせ面のバリ取りと面取り作業を行います。その後計測作業。

 

 

クランクケースハウジング径、クランクシャフト親子ジャーナル径測定後メタルの選定します。
やり方は色々あると思いますがこのやり方が1番正確です。

 

 

クランクシャフトは曲がり修正後にダイナミックバランスで修正。
動的バランスを取る事で振動が少ないエンジンになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

子メタルも決まったのでメタルはWPC処理に旅立ちます。